583歩 光を探す散歩 FD135mmと共に#2 編

CanonEOS5Dmk2  CanonFD135mmF2.5sc  iso100 135mm f2.5 1/200 M
CanonEOS5Dmk2 CanonFD135mmF2.5sc iso100 135mm f2.5 1/200 M

135mmという焦点距離、皆さんは馴染みがありますか?皆さんこんにちは。本日の散歩写真も引き続きオールドレンズの135mmを付けて散歩していきます。135mmという焦点距離は皆さん馴染みがありますか?最近のレンズではあまり見かけない距離のレンズだと思います。APS-Cセンサーサイズのカメラで80mmと90mmのレンズを付けた時の中間ぐらいの距離です。中望遠の距離ですが、最近だと100mmとか105mmとかという焦点距離の物が多いと思います。そんな135mmですが、オールドレンズやちょっと昔のレンズでは割と多い焦点距離なんですよ。結構状態の良いものがたくさんあったりします。しかも単焦点で開放値も明るい物が多くあります。今回はこのレンズをマウントアダプターを使って取り付けています。ファインダーを覗いてみると何だか良い感じなんですよ。
CanonEOS5Dmk2  CanonFD135mmF2.5sc  iso100 135mm f2.5 1/40 M
CanonEOS5Dmk2 CanonFD135mmF2.5sc iso100 135mm f2.5 1/40 M

何とも絶妙な切り取り方ができてしまう。単焦点レンズの場合画角の調整は自分の立ち位置で調整します、なので自分にとってしっくりこないレンズだと一度ファインダーを覗いてから、近づいて行ったり、後ろに下がったりしないといけないんですよ。それが意外と気になってきます。自分が今立っているところで見たものを思い通りの画角で切り取ってくれるのが気持ちいいのです。微調整が必要ないので良いリズム感でどんどん撮れます。これは意外と大事な事なんですよ。皆さんも是非135mmという距離感を試してみてはいかがでしょうか。

今回の散歩はここで終わります。
また次回の散歩でお会いしましょう。