580歩 今年も皆さんにいい光が差し込みますように 編

CanonEOS5Dmk2  CanonEF70-300mmF4-5.6L  iso100 70mm f4 1/320 M
CanonEOS5Dmk2 CanonEF70-300mmF4-5.6L iso100 70mm f4 1/320 M

「光」それはカメラで写真を撮る時に最も大事な要素の一つだと思います。皆さんこんにちは。さぁ2021年がはじまりましたが、今年はどんな年になるのでしょう。この写真ブログ「散歩写真」は今年も引き続き毎日更新していきますので、気の向いた時にお立ち寄りいただけると嬉しいです。2019年の6月にスタートしたこのブログですが、始めてから1日も休むことなく580回目を迎えました。私の写真の腕を上げるために始めてみたブログですが、こんなに続くとは思ってもいませんでした。写真の腕はちょっとは向上したのでしょうか。昨年はオールドレンズやフィルムカメラにも幅を広げてみました。オールドレンズは引き続き今年も楽しんでいきたいと思います。また新たなる挑戦も考えていきますね。
写真を撮っていると「光」というものがとても大事な存在になってくるんです。全く光がない場所に行くと、どんなに頑張っても何も写りませんからね。一度真夜中の山奥でしかも曇り空の真っ暗闇で撮ってみたことがありますが、あれは無謀ですね。
CanonEOS5Dmk2  CanonEF70-300mmF4-5.6L  iso100 70mm f4 1/640 M
CanonEOS5Dmk2 CanonEF70-300mmF4-5.6L iso100 70mm f4 1/640 M

光は瞬間ごとに移ろい変化します。今いい光が射していると思ってもレンズを向けた時には影ってしまって二度と光が差し込まないなんて事もありますから。光を捉えることができるというのは凄いことなんですよ。時と場合によっては、もう少し弱い光になってほしいと思う事もあったりします。でも自然が相手なのでなんともなりませんよね。光を読むことが出来たらカメラで写真を撮っている人間として、ちょっと上のステージに行ける様な気がします。運命的な光との出会いを求めてまたぶらぶらと散歩に出発です。
皆さんに素敵な光が差し込みます様に、願いを込めて。

今回の散歩はここで終わります。
また次回の散歩でお会いしましょう。