562歩 初冬の滝を眺めて 編

CanonEOS5Dmk2  CanonEF24-70mmF4L  iso100 50mm f10 500" B  NISI ND1000
CanonEOS5Dmk2 CanonEF24-70mmF4L iso100 50mm f10 500" B NISI ND1000

凛とした空気に包まれる、ちょっと特別な空間。レンズを向けて、心のザワつきを鎮めていく。皆さんこんにちは。本日の散歩写真は久しぶりに渓谷に足を向けてみました。オフシーズンの渓谷はどんな感じでしょう。まず最初に訪れたのは、駐車場横にある不動滝です。近づいていくと水が流れ落ちる轟音が響いてきます。滝のある空間って何か神聖なものを感じてしまいます。それがマイナスイオンのようなものなのか、滝の揺るぎない存在感なのか。足場を確かめるように慎重に崖を降りていきます。滝正面の岸に三脚をしっかりと立ててカメラを据え付けます。何となく50mmという焦点距離で撮ってみました。水量は少なめで上品な感じの滝の様子に見入ってしまいました。
CanonEOS5Dmk2  CanonFD50mmF1.4  iso100 50mm f10 1/2 M
CanonEOS5Dmk2 CanonFD50mmF1.4 iso100 50mm f10 1/2 M

次にカメラバックの中に入っていた50mmのオールドレンズを試してみます。滝までの距離がおよそ10mなので、ピントは合ってくれそうです。レンズ口径に合うNDフィルターが無かったので通常撮影です。画角は同じ50mmのはずなのにこれだけずれが出てきます。これはマウントアダプターによる補正によズレだと考えられます。三脚を使用しての撮影なので、ピントも背面液晶の拡大表示で見ながら合わせる事ができます。絞りもf10まで絞っていることもあって、きっちりと写っています。使い方の制限は多少ありますが、オールドレンズもたのしめますね。

今回の散歩はここで終わります。
また次回の散歩でお会いしましょう。