529歩 シダの森に注がれる光を 編

CanonEOS5Dmk2  CanonEF24-70mmF4L  iso100 66mm f4 1/40 M
CanonEOS5Dmk2 CanonEF24-70mmF4L iso100 66mm f4 1/40 M

久しぶりに緑に包まれた世界に入り込んできました。ホット一息、深呼吸。皆さんこんにちは。かなり肌寒く感じるようになってきました。あんなに暑かった夏がなんだか幻だったかな様な心地よい空気感に心が少し澄んだ様な気持ちになりますね。まだまだ思い通りにならない事の方が多いですが、段々とこれが当たり前なのかもと錯覚している自分もいたりします。今回の散歩は人混みを避けて、森の中に入ってきました。何処に行こうか迷ったのですが、最近シダの葉を見ていないなって思い、シダが群生する森にしました。この森には何度か来ているのですが、傘をささなくてもいいのは今回が初めてなんです。過去に来たときはいつも雨でした。日差しが差し込む森に何か新鮮な感覚を抱きながら、ゆっくりとしたペースで散歩します。これだけ心地いい気候での散歩は、のんびりと歩きたくなりませんか。色んなものを感じながら。
CanonEOS5Dmk2  CanonEF24-70mmF4L  iso100 70mm f4 1/125 M
CanonEOS5Dmk2 CanonEF24-70mmF4L iso100 70mm f4 1/125 M

光を受けた群生したシダは、いぶし銀の輝きを放ちながら私を誘ってきます。この様な景色って案外撮ってみると難しいって事ありませんか?パッと見た時は素敵な風景だなって思ってもカメラをセットしてシャッターを切るとなんだか違うんですよ。それは、目線の高さとカメラを三脚にセットした時のズレがあるのか、撮影までのわずかな時間で光が変化してしまったのか。それとも単純に構図の問題なのか。この辺を詰めることが出来たら、また一段私の表現の幅が広がる様な気がします。やっぱりシダの葉っていいですよね。

今回の散歩はここで終わります。
また次回の散歩でお会いしましょう。