526歩 モノクロ散歩 街の光と陰 編

CanonEOS5Dmk2  CanonEF24-70mmF4L  iso100 44mm f8 1/1000 M
CanonEOS5Dmk2 CanonEF24-70mmF4L iso100 44mm f8 1/1000 M

橋を渡り交通量の多い道路の影を光を探しながら歩いていきます。皆さんこんにちは。厳選された必要最低限の機材しか今回は持ち込んでいませんが、カメラ機材ってなんでこんなにも重たいのでしょうか。今回使っているカメラバックは私の中で「旅するカメラバック」という位置付けのアクリュ   ・キソウのボノです。つい先日やっと手元にやって来た新入りです。今回はこのカメラバックのテストも兼ねて気合を入れた散歩計画になっています。この日のために指定のワックスを塗り込んで下準備をしっかりと整えておきました。まぁ雨が降るようなことはなさそうなので安心ですが、傷がついたりカメラ保護の面からもテストしていきます。
淀川にかかる橋を渡ってきました。さて何処に向かいましょうか。最終的なゴールは梅田と決めています。スタートとゴールだけ決めておいてあとは現地で判断して足のむく方へ歩いてみます。天気が良いので頑張って歩いていると少し汗ばんできますね。信号待ちで影に入るとスッと吹き抜ける風が気持ちいいです。散歩には最適な気候ですよ。
CanonEOS5Dmk2  CanonEF24-70mmF4L  iso100 24mm f4 1/100 M
CanonEOS5Dmk2 CanonEF24-70mmF4L iso100 24mm f4 1/100 M

今回の散歩でもう一つ決め事をしています。それは写真をモノクロで仕上げるという事です。色が溢れる元気な街をあえてモノクロで表現するとどうなるのか。光と陰の部分がより強調されたような仕上がりになるのか、それとも。より大阪らしいモノクロ写真になればと都会の端を歩いていきます。

今回の散歩はここで終わります。
また次回の散歩でお会いしましょう。