514歩 街を抜ける100秒の刻 編

CanonEOS5Dmk2  CanonEF24-70mm  iso100 70mm f8 100" B  NISI ND1000
CanonEOS5Dmk2 CanonEF24-70mm iso100 70mm f8 100" B NISI ND1000

久しぶりに街を撮ってみたくなった。ただ撮るだけではつまらない。皆さんこんにちは。しばらくの間街から遠ざかっていた自分がいた。とはいっても、街中の公園は散歩していたりしていたので、全く触れていないわけでは無い。ただ少し距離を置いていたから、被写体にも選ばなかった。だけど今無性に街が気になる、街と大きなくくりで話をしているが、一番気になるのは大きな建造物だ。そう、もっとわかりやすく言うとビルが気になっているんです。無機質な人工の建造物を印象的に撮ってみたい。そんな思いから練習がてら撮りに行ってきました。場所は中心の駅から少し離れた見晴らしのいい陸橋部分。遠くに駅前のビル群が並んでいます。さてどう撮ろう、ひとつやってみたい撮影方法がビルの長時間露光です。背景に当たる空の雲などを流して、メインのビルをカッチっと撮る。今回は練習ということで空の状態はあまり良くなかったです。夕暮れ時にND1000のフィルターを使って撮影していきます。露光時間はきっちり100秒
CanonEOS5Dmk2  CanonEF24-70mm  iso100 62mm f8 100" B  NISI ND1000
CanonEOS5Dmk2 CanonEF24-70mm iso100 62mm f8 100" B NISI ND1000

今回撮ってみて色々わかったことがあるので、少しまとめてみます。まずは雲の量が多くて流れが早い時を選ぶのがいい。次にカメラの向きは雲の動きと平行になるように設置するとより躍動感のある写真になりやすい。コントラストは強めになるように、はっきりと明暗のある感じで撮るといい仕上がりになると思う。とりあえず今はこんな感じです。これをクリアして次にどうすればいいのか考えていきたいと思います。

今回の散歩はここで終わります。
また次回の散歩でお会いしましょう。