510歩 雨あがりの朝に 編

CanonEOS5Dmk2  Sigma50mmF2.8macro  iso100 50mm F2.8 1/125 M
CanonEOS5Dmk2 Sigma50mmF2.8macro iso100 50mm F2.8 1/125 M

朝起きると昨夜降り続いていた雨が上がっていた。ひんやりとした心地よい空気に包まれて雨が残した宝石がキラキラと輝いている。皆さんこんにちは。皆さんは朝好きですか?よく耳にするのは「朝は苦手で起きれません」という話です。私は朝大好きです。それも朝日が登る少し前から徐々に明るくなってくる瞬間が最高に好きです。誰にも邪魔されない時間でもあるのですが。まず起きてリビングのお気に入りの場所のカーテンを開けるところからスタートです。部屋の明かりは付けません、外の薄明かりを楽しみたいから。まずは空を眺めて徐々に視線を下げていきます。昨夜は雨が降っていたのですが、すっかりと止んで空にも雲はありません。夜と朝の境目が空の高いところを通過していきます。すると、庭の木々が一斉に輝きがしたのです。
これは、ちょっと出てみるか。カメラを片手に外に出ます、付いているレンズはもちろん50mmマクロレンズです。外に出た瞬間キリッと冷えた空気が私の全身を刺激します。気持ちがいい。
CanonEOS5Dmk2  Sigma50mmF2.8macro  iso100 50mm F2.8 1/125 M
CanonEOS5Dmk2 Sigma50mmF2.8macro iso100 50mm F2.8 1/125 M

まだ明けきらない朝の明かりを背景に、輝く雫を夢中で覗き込みます。いい光の当たる向きを探しながらつい夢中になってしまいます。マクロレンズで覗き込んでいると夢中になりすぎてレンズが被写体に付いてしまうことがあります、水滴の場合はレンズが濡れてしまうので、レンズフードを付けて接触を防止しています。いい雫を見つけても寄りすぎて触ってしまって流れてしまったこともあります。いい朝の時間を楽しめました。さてコーヒーでも入れようかな。

今回の散歩はここで終わります。
また次回の散歩でお会いしましょう。