507歩 思い描いた理想の滝 編

CanonEOS5Dmk2  CanonEF24-70mmF4L  iso100 64mm f10 100" B NISI-ND1000  photo : toshimasa
CanonEOS5Dmk2 CanonEF24-70mmF4L iso100 64mm f10 100" B NISI-ND1000 photo : toshimasa

ずっと思い描いていた理想の滝を限りなく現実にしてみた。皆さんこんにちは。世界中には素晴らしい絶景スポットと言われる場所は沢山ある。だけど手の届かない空想の世界に迷い込んだところで、だんだんと虚しさが募ってくるだけではないだろうか。身の丈にあった世界で生きていく事が心地良さにもつながるのかもしれない。今現在私が出会える滝の中で一番理想に近い場所に行ってみた。実はちょっとタイミングを見計らっていたのです。そのタイミングとは、水量ですね。夏場は冬に比べて水量が多目で迫力のある流れに出会える。雨の後だともう少し水量が増える可能性がある。夏場の強すぎる日差しは避けたい。というわけで、秋の匂いが漂い始めた雨上がりの早朝に行ってきました。私が思い描いた理想は、限りなくモノクロに近い世界だけどよく見ると黒がモノクロの黒ではなく、深くに色が存在する黒であってほしい。
CanonEOS5Dmk2  CanonEF24-70mmF4L  iso100 42mm f10 200" B NISI-ND1000  photo : toshimasa
CanonEOS5Dmk2 CanonEF24-70mmF4L iso100 42mm f10 200" B NISI-ND1000 photo : toshimasa

そんな妄想世界から生み出された写真が今回紹介する写真です。1枚目は無駄を省き可能な限りシンプルになるように。でも細部はしっかりと質感を残していく。これが今のところ理想型に近いです。2枚目はもう少し周りの状況を取り入れて色を感じることのできる様にしてみました。
いかがでしょう。

今回の散歩はここで終わります。
また次回の散歩でお会いしましょう。