502歩 マクロレンズで覗き込んだ花壇 編

CanonEOS5Dmk2  Sigma50mmF2.8EXmacro  iso100 50mm f2.8 1/160 M  photo : toshimasa
CanonEOS5Dmk2 Sigma50mmF2.8EXmacro iso100 50mm f2.8 1/160 M photo : toshimasa

秋の花壇をマクロレンズで覗き込んでみた。なんだか夏とは違う装いですね。皆さんこんにちは。季節の移ろいを肌で実感しにくい気候です。少し涼しくなったかと思えば、暑さがぶり返してきたり。でも自然界は着実に秋に向かっているんですよ。秋といえば実りの秋、田んぼでは実った稲穂が重そうにこうべを垂れる。稲刈りが終わった田んぼではスズメたちがおこぼれを拾っている。なんだか賑やかになってきました。本来なら収穫を喜び感謝する秋祭りが各地で開催されるのでしょうが、今年はなかなかそうもいかない。
そんな秋を感じる散歩に出発です。とは言っても探してみると簡単に秋は見つからない。一番季節感が感じられる花壇に足を向けてみた。花壇は季節ごとに綺麗な装いになる様に手入れして植え替える。その為今一番美しいだろうと思われる植物があるはずだ。
まず最初は、奇抜な色の丸い花、何故こんな色かたちをしているのだろうか?これは花なのだろうか?先に見にきていた縞模様の眼を持った小さな彼と一緒に。
CanonEOS5Dmk2  Sigma50mmF2.8EXmacro  iso100 50mm f2.8 1/500 M  photo : toshimasa
CanonEOS5Dmk2 Sigma50mmF2.8EXmacro iso100 50mm f2.8 1/500 M photo : toshimasa

次に見つけたのは、大好きなオレンジの花。夏の時より色が落ち着いてさらにオレンジ色に深みが出た様に感じます。マクロの世界は本当に楽しいです。覗き込むと新しい発見があったりします。何気なく眺めていただけでは気がつかない虫がいたり、ワクワクします。皆さんも覗き込んでみてはいかがでしょう。

今回の散歩はここで終わります。
また次回の散歩でお会いしましょう。