489歩 光を集める不思議な花 編

CanonEOS5Dmk2  CanonEF70-300mmF4-5.6L  iso500 300mm f5.6 1/1250 M  photo : toshimasa
CanonEOS5Dmk2 CanonEF70-300mmF4-5.6L iso500 300mm f5.6 1/1250 M photo : toshimasa

通っていた蓮池の最後の花。この花も神々しく光を放って咲いていた。皆さんこんにちは。今年は本当に何回も足を運ぶことができたお気に入りの蓮池。先日今年最後の花を撮ることができました。8月の終わり頃からもう何度かこれで最後と言ってきましたが。本当にこれで最後です。案外長い期間楽しむことができました。この花が好きな理由は、咲いている姿が美しいからです。私はあまり人物を撮ることをしません、それは被写体に意思があるから。それを気にしていると自分の表現というものができない気がして、撮りません。がこのハスの花は凛として夏の暑さにも負けずに背筋を伸ばして立つ、モデルさんの様な感じがします。髪の毛の先端まで神経が伝わっている様な隙のない美の世界。完璧な美の世界ですね。だからといって個性がないわけではない存在感を出しています。そしてこの花を撮る最大の理由が花が光っている様に見える事です。大きな濃い葉に囲われた中に白や薄ピンクの大輪の花を咲かせる。コントラストがあり明暗差もハッキリしているので、容易に撮ることが可能なのですが。それ以上に撮った写真を見ると光を放っているかの様に感じるのです。
CanonEOS5Dmk2  CanonEF70-300mmF4-5.6L  iso500 300mm f5.6 1/1250 M  photo : toshimasa
CanonEOS5Dmk2 CanonEF70-300mmF4-5.6L iso500 300mm f5.6 1/1250 M photo : toshimasa

見ていただいていかがでしょう。今回は本当に最後という事で、花の周りの葉も幾分くたびれた感じで哀愁を感じますよね。この対比もまた美しいです。最後という事で、いつもより明るめで撮影してみました。こんな感じも悪くないと思います。さあ少しずつ花の季節が終わりに向かっていきます。次の被写体を探さないといけませんね。

今回の散歩はここで終わります。
また次回の散歩でお会いしましょう。