485歩 流れを追いかけて #2 編

CanonEOS5Dmk2  CanonEF24-70mmF4L  iso100 24mm f8 100" B  ND1000  photo : toshimasa
CanonEOS5Dmk2 CanonEF24-70mmF4L iso100 24mm f8 100" B ND1000 photo : toshimasa

途中下車の川散歩。短い時間でしたが癒されますね。皆さんこんにちは。本日の散歩は昨日から引き続きの途中下車の川散歩です。橋から見えた川に魅了されて戻ってきました。いよいよ撮影に入っていきます。至福のひとときですね。私の撮影スタイルである川での長時間露光に欠かせない物は三脚です。しっかりとした三脚があるから、時に300秒なんて露光もできるわけですよ。そしてその三脚を据える場所も大事です。川の場合砂地は避けた方がいいでしょう。可能な限り3本の足を動かない岩の上に置きましょう。そして露光中の自分の立ち位置ですが、三脚が据えてある岩には触らないようにしたいです。今回降り立った川になぜ私が魅了されたかというと、一つは岩の間を流れる動きです、そしてそのすぐ下流に何もない穏やかな開けた空間が広がっているのですが、その動と静の対比が良かったからです。
CanonEOS5Dmk2  CanonEF24-70mmF4L  iso100 31mm f8 100" B  ND1000  photo : toshimasa
CanonEOS5Dmk2 CanonEF24-70mmF4L iso100 31mm f8 100" B ND1000 photo : toshimasa

静の部分でもNDフィルターを使って長時間露光をしていきます。そうする事でさらに静として感じることのできる静けさを感じることができます。レリーズを押し込んでカメラのカウンターを見ながら、その場の空気感や音に身を委ねている時間が最高の癒しの時間です。さて満足したので、また帰路につきます。いい時間でした。
でも、油断しました。3箇所程蚊に刺されていました。

今回の散歩はここで終わります。
また次回の散歩でお会いしましょう。