479歩 川を上って移動していく 編

CanonEOS5Dmk2  CanonEF24-70mmF4L  iso100 24mm f10 100" B  photo : toshimasa
CanonEOS5Dmk2 CanonEF24-70mmF4L iso100 24mm f10 100" B photo : toshimasa

岩伝いに川をさかのぼっていく。まさに冒険中の私。皆さんこんにちは。本日の散歩も昨日に引き続き再度訪れた魅惑の流れを巡っていきます。今回は川をさかのぼって上流へ行ってみようという事で、最小限の機材で向かいました。レンズは標準ズームレンズ1本でレリーズとNDフィルターそれから三脚です。私は三脚は少しでも安定感があるほうがいいと思い未だにアルミの物を使っています。カーボンの物だと軽いのでどうなんだろう?と踏み切れずにいます。もしアルミの三脚からカーボンは乗り換えた方がいましたら、是非感想を聞かせていただきたいですね。そんな最小限の機材を担いで岩場を進んでいきます。ただこの岩場かなり進みやすいです。他の川だと岩が少なく足場が無かったり、次の足場までの一歩が距離があったりと、こんなにすんなり進んで行けるのは珍しいです。岩をいくつか超えては、三脚を据えて写真を撮ります。これの繰り返しです。
CanonEOS5Dmk2  CanonEF24-70mmF4L  iso100 24mm f10 23" B  photo : toshimasa
CanonEOS5Dmk2 CanonEF24-70mmF4L iso100 24mm f10 23" B photo : toshimasa

1枚目の写真は、川面に差し込んでくる光を積極的に取り込んでみました。反射する光が周りの緑を拾って素敵な色合いで輝きます。また奥まで進んでいくと少し落ち着いた木の枝に囲われた空間が。しっとりと落ち着いた情景を時間をかけてあぶりだしていくます。まさに至福の時ですね。

今回の散歩はここで終わります。
また次回の散歩でお会いしましょう。