468歩 夏に思い出 オールドレンズ ハスの花 編

CanonEOS5Dmk2  CanonFD135mmF2.5sc  iso100 135mm f4 1/2500 M  photo : toshimasa
CanonEOS5Dmk2 CanonFD135mmF2.5sc iso100 135mm f4 1/2500 M photo : toshimasa

夏の大好きな被写体をオールドレンズでも楽しんできました。皆さんこんにちは。CanonFD135mmという40年程前に作られたレンズを付けて夏の思い出散歩です。単焦点レンズなので焦点距離は135mmになるのですが、最短撮影距離は1.5mだったと思います。オールドレンズはあまり寄れないレンズが多いです。中望遠のこの焦点距離が果たして散歩に適しているのか。マウントアダプターの関係上無限遠は使えません、そこだけ注意が必要です。ミラーレスカメラに取り付ければ全域ピントが合いますけど、あえて一眼レフカメラに付けて散歩です。
夏の時期の被写体として大好きな蓮の花、ギリギリまだ咲いていてくれました。池の柵から花まで少し距離があるので、いつもならもう少しズームしたいところですが、単焦点の楽しいところでもある焦点距離固定です。自分が動いて構図を決めるしかありません。とは言っても、柵があってこれ以上近づけない、ではどうするか。花以外の周りも考えた構図を探っていきます。
F4まで1段ほど絞って使っていますが、いいボケ方をしますね。F4での被写界深度が浅いですね。それもレンズの個性ですね。
CanonEOS5Dmk2  CanonFD135mmF2.5sc  iso100 135mm f4 1/2500 M  photo : toshimasa
CanonEOS5Dmk2 CanonFD135mmF2.5sc iso100 135mm f4 1/2500 M photo : toshimasa

流れ落ちる汗を拭きながら、蓮池の周りを回っていると池の一番奥にナイスな位置に一輪咲いていました。ここまで寄ると大迫力ですね。マニュアルフォーカスで丁寧にピントを合わせます。ファインダーを覗きながらでピントを合わせられるかと質問された事がありますが、全然問題なくあわせることができますよ。一度ピントを外しておいて合わせていくと合わせやすいですよ。

今回の散歩はここで終わります。
また次回の散歩でお会いしましょう。