458歩 新たなる森へ迷い込む 編

CanonEOS5Dmk2  CanonEF24-70mmF4L  iso200 29mm f4 1/125 M  photo : toshimasa
CanonEOS5Dmk2 CanonEF24-70mmF4L iso200 29mm f4 1/125 M photo : toshimasa

新たな道を進んでいけば、今までとは違う出会いがそこに広がっている。皆さんこんにちは。いつもは曲がって行く道をまっすぐ進んでみました。新しい道に踏み込んだ瞬間から冒険がはじまります。本日も冒険という名の散歩に出発です。通い慣れたお気に入りの渓谷へ行く道は、川沿いの交差点を右折して行く。交差点で信号待ちをしていると、ふと思う事があります。この道をまっすぐ行ったらどこに行くのだろう。気になりながらも いつものように右折して行く。新しい道に踏み込むには少しばかり勇気がいる。曲がっていつもの道を行けば安心出来るいつもの景色が待っているのだから。今日は最初から未知の場所に目的地を定めていた。
初めて走る道に、はじめて見る景色。気持ちのいい曲がり道が続いている。嬉しいことに道沿いに川が流れている。田舎道の脇には川が流れている事が多い。今回の道もそんな感じの道だ。とりあえず終点まで行ってみた。私の定める終点とは、これ以上直進できない場所です。狭く進んでいけないか、違う道に出て曲がらないといけないか。今回はちょっと見慣れた何度か走った事がある道に出た。頭の中のパズルのピースが埋まって行く様に、私の中の地図が広がって行く。
終点で向きを変えて今来た道を戻って行く。素敵な森で車を止めた。
CanonEOS5Dmk2  CanonEF24-70mmF4L  iso200 29mm f4 1/125 M  photo : toshimasa
CanonEOS5Dmk2 CanonEF24-70mmF4L iso200 29mm f4 1/125 M photo : toshimasa

その森はいつも見ているような森と何か違って見えた。最初その違和感の理由がわからなかった。車から降りてみると、横を流れていると思っていた川は近くには無く、まっすぐと天に向かって伸びる木々が整然と生えている。そうこの森は何か整然としている。木は真っ直ぐ伸び、視界を遮るような下枝もあまりない。何より地面が綺麗に緑に覆われていた。最初感じた違和感はこれだった。土が見えない。綺麗に高さの揃った笹の様な植物に覆い尽くされた森。なかなか新鮮だ。
いいじゃないかこの森は。

今回の散歩はここで終わります。
また次回の散歩でお会いしましょう。