448歩 木漏れ日の世界 #2 編

CanonEOS5Dmk2  CanonEF70-300mmF4-5.6L  iso100 135mm f4.5 1/400 M  photo : toshimasa
CanonEOS5Dmk2 CanonEF70-300mmF4-5.6L iso100 135mm f4.5 1/400 M photo : toshimasa

さあ木漏れ日の世界を探して出発です。皆さんこんにちは。皆さんは木漏れ日好きですか?私はこの世界で一番大好きな光かもしれません。木々の隙間を縫って地上に降り立つ光。その光が差し込んでいる場所は地上と太陽の間に何も障害物が無いのです。まぁ、たまに薄雲が空を覆っていることもありますが。そう考えるとなかなか貴重な光に思えてきませんか? そしてその隙間を縫ってきた木漏れ日は時間とともに照らす場所を変えていくのです。今回の散歩で撮った写真は数分後には変わってしまっているのです。明日の同じ時間に同じように出現するとも限りませんし。一期一会なのかもしれません。
CanonEOS5Dmk2  CanonEF70-300mmF4-5.6L  iso100 160mm f5.0 1/640 M  photo : toshimasa
CanonEOS5Dmk2 CanonEF70-300mmF4-5.6L iso100 160mm f5.0 1/640 M photo : toshimasa

しかも今回は苔とのコラボ。私の好きなもの2つが共演です。森の中を宝探しです。皆さんはどんな被写体が好きですか?カメラで色んな写真を撮っていると季節感というものに敏感になってきませんか?何となく漠然とイメージしていた季節の景色と実際の景色の移ろいのギャップのようなものを実感しています。

今回の散歩はここで終わります。
また次回の散歩でお会いしましょう。