444歩 たまにはクールダウン 編

CanonEOS5Dmk2 CanonEF70-300mmF4-5.6L  iso100 214mm f5.0 1/1250 M  photo : toshimasa
CanonEOS5Dmk2 CanonEF70-300mmF4-5.6L iso100 214mm f5.0 1/1250 M photo : toshimasa

目に入ってくる情報を少し整理してあげると、より深く本質を捉えることが出来るようになるのではないのか。皆さんこんにちは。情報が溢れている世界で私たちは日々様々な情報に溺れそうになりながら生活しているような感覚に疲れを覚えているのではないでしょうか? 真偽の判別のつかない情報に翻弄されて物事の本質を見極める事が困難な状況に陥りつつあるのではないか。
日々多くの写真と触れていると、この世界も似たような感覚に陥る事が多々あります。こんな景色は実在するのだろうか?この光の当たり方は創り出せるのだろうか?など。最近の写真には情報がてんこ盛りです。そんな写真を見ているとたまにスッキリと削ぎ落とされた単純明快な写真が心地よかったりもする。そこで今回の散歩写真は、色の情報を少なくして写真をあげてみました。
CanonEOS5Dmk2 CanonEF70-300mmF4-5.6L  iso100 214mm f5.0 1/1600 M  photo : toshimasa
CanonEOS5Dmk2 CanonEF70-300mmF4-5.6L iso100 214mm f5.0 1/1600 M photo : toshimasa

この写真を改めて自分で見ていると、色という情報が少ないからなのか、欠如した情報を集めようとしている自分がいる。パッと見ただけでは分からない部分を探ろうとしている。より細部まで情報をかき集めるように見入っていく。その結果より深いところまで見ている自分に気がつく。面白い。色んなことを試してみると新たな発見があったりもする。

今回の散歩はここで終わります。
また次回の散歩でお会いしましょう。