442歩 水辺の散歩路 編

CanonEOS5Dmk2 CanonEF70-300mmF4-5.6L  iso100 300mm f5.6 1/400 M  photo : toshimasa
CanonEOS5Dmk2 CanonEF70-300mmF4-5.6L iso100 300mm f5.6 1/400 M photo : toshimasa

夏の水辺はトンボの楽園、今期はアキアカネがモデルになってくれました。皆さんこんにちは。強烈な暑さの夏、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?外に出るのも躊躇してしまう程の熱気に包まれながら完全防備で散歩に出発です。この暑い時期カメラにはどうなんだろうと思ってしまう方もいるかと思います。先日発売された最新機種も熱によってシステムが止まってしまうというような事があったりしましたが、決して熱に強い物ではないと思います。特にコンパクトな高性能カメラを使っている人ほど、熱に対してシビアにならなければいけないと思います。特に炎天下で動画を撮影していると止まってしまう事もありますから、白い布などをかけて外部からの熱を防いであげるのも一つの方法かもしれません。
今回の散歩は水辺へ足を向けてみました。この時期の水辺は虫たちの楽園ですね。いつもは望遠レンズで追いかけ回しているトンボがなぜか向こうから寄って来てくれました。
CanonEOS5Dmk2 CanonEF70-300mmF4-5.6L  iso100 150mm f4.5 1/1250 M  photo : toshimasa
CanonEOS5Dmk2 CanonEF70-300mmF4-5.6L iso100 150mm f4.5 1/1250 M photo : toshimasa

トンボって追いかけると物凄く大変なんですよ。速いし案外小さいし。今回寄って来てくれたアキアカネは止まっていても羽を横に広げてくれているんですよ。体の細いトンボは止まると羽を閉じてしまうんですよ。いい姿勢で枝先に止まってポーズをとってくれました。たまにはこんな事もあるんですね。目標は飛んでいるトンボを撮ること。いつか狙って思い通りの写真が撮れるように日々鍛錬あるのみです。ファインダーを覗きながら追いかけるのって大変で難しいですが、物凄く楽しいですよ。

今回の散歩はここで終わります。
また次回の散歩でお会いしましょう。