435歩 雨の散歩路 薔薇 編

CanonEOS5Dmk2  SIGMA50mmF2.8macro iso400 50mm f2.8 1/250 M  photo : toshimasa
CanonEOS5Dmk2 SIGMA50mmF2.8macro iso400 50mm f2.8 1/250 M photo : toshimasa

突然の雨に外へ出るタイミングを邪魔されてしまった。皆さんこんにちは。日が傾きかけた頃少し時間が空いたのでお気に入りの公園に来てみた。駐車場に車を入れると同時にかなり激しく雨が降り出した。しばらく車内で待機だな。車の屋根を打ち付ける弾丸の様な雨音にじっと身を潜めながら外を眺めている。突然の雨に走って行く人たちや、予想していたのかスマートに傘をさして歩いて行く人たちを視界に写していた。雨は変なリズムを刻む様に音を変えていく。
しばらくすると、さっきまでの雨音が嘘の様に静かになった。と同時に鳥やセミの鳴き声が辺りを包んで行く。さて散歩に出発しようか。持ち出すレンズは50mmマクロにしよう。
CanonEOS5Dmk2  SIGMA50mmF2.8macro iso400 50mm f2.8 1/250 M  photo : toshimasa
CanonEOS5Dmk2 SIGMA50mmF2.8macro iso400 50mm f2.8 1/250 M photo : toshimasa

せっかくなので雨が残していった景色を撮ろうか。空はまだ雲に覆われてどんよりとした感じである。ISO感度を高めに設定しようか。以前は意固地なぐらいISO100という感度設定にこだわっていたが、最近は少し余裕を持ったシャッタースピードが欲しいという思いから、積極的に感度を上げていく。とはいってもISO400ですよ。でもこれで心にも余裕が生まれるんですよ。狙った被写体は薔薇の花です。かつて紅く見る者を魅了してきた花です。今は完熟の魅力をふりまいてくれています。潤いを得て妖艶な光を放つ美しき薔薇の姿を堪能してください。

今回の散歩はここで終わります。
また次回の散歩でお会いしましょう。