432歩 究極の美を見つめて 編

CanonEOS5Dmk2  CanonEF70-300mmF4-5.6L  iso100 300mm f5.6 1/800 M  photo : toshimasa
CanonEOS5Dmk2 CanonEF70-300mmF4-5.6L iso100 300mm f5.6 1/800 M photo : toshimasa

お釈迦様の強さや優しさを感じる花。ファインダーを覗きながら背筋が伸びるのを感じる。皆さんこんにちは。今回の散歩は大好きな夏の花を巡って行きます。目指すは公園の中央にある沼池です。大きな濃い緑色の葉で覆われた池に強くも可憐な大輪の花を咲かせるハスの花。ハスの花を見ると思い出すお釈迦様の像。優しさを全体に感じながら、芯に物凄く強さを感じます。全体的なラインや表情はすごく穏やかで柔らかい印象を受けるのに、立ち姿はしっかりと地面に立ち揺るがない強さを感じます。ハスの花も似た感じを受けます。花びらは薄く透き通るように柔らかな様子で可憐さを感じますが、風が吹いても強い日差しにさらされても動じることなく真っ直ぐに咲いている。
CanonEOS5Dmk2  CanonEF70-300mmF4-5.6L  iso100 300mm f5.6 1/1250 M  photo : toshimasa
CanonEOS5Dmk2 CanonEF70-300mmF4-5.6L iso100 300mm f5.6 1/1250 M photo : toshimasa

そんな感覚をより強く感じてもらえるかと思い。色味を抑えたモノクロに近い現像をしてみました。色の情報を消していくことで、写真が単純化してより光と陰を感じることができる。花びらに当たる光を感じていただけると思います。撮っていて、しっかりと撮らなければと、被写体と対峙する感覚が自然と姿勢を正していく。こんな被写体は他には無いだろう。

今回の散歩はここで終わります。
また次回の散歩でお会いしましょう。