426歩 はじめての森へ迷い込んだ#1 編

CanonEOS5Dmk2  CanonEF24-70mmF4L  iso200 24mm f8 1/13 M  photo : toshimasa
CanonEOS5Dmk2 CanonEF24-70mmF4L iso200 24mm f8 1/13 M photo : toshimasa

雨音に起こされた朝、薄暗いリビングのカーテンを開けて外をボーっと眺めている。皆さんこんにちは。本日も散歩写真、ゆるりとスタートします。部屋の明かりはつけないで、薄暗い部屋でお湯を沸かす。いい香りのコーヒーをゆっくりと入れていく。この時間がたまらなく好きだ。入れたてのコーヒーの香りに包まれながら、先ほどの窓際の特等席に腰を下ろした。さて、今日は何処へ行こうか。雨はこの後弱くなりそうだが、明確な方向性が定まらない。たまにはこのまま、ここで過ごすのも悪くないかとも考えてしまう。いきたい場所は思いつかない。でもとりあえず外に出てみよう。簡単に支度をして、機材を詰め込んだ。
さぁ出発しよう。先ずは右に行ってみるか。雨は相変わらず降り続いている。久しぶりに海の方向へ走ってみようか。見慣れた景色の中を南の方向に走っていく。ふと目に滝という文字が飛び込んできた。何度も通った事のある道だが、滝なんてあったのか?看板は風雨にさらされて色褪せていた。あてもなく目指していた海は消え去り、未知の滝を見に行こうとUターンさせた。
CanonEOS5Dmk2  CanonEF24-70mmF4L  iso200 24mm f8 1/13 M  photo : toshimasa
CanonEOS5Dmk2 CanonEF24-70mmF4L iso200 24mm f8 1/13 M photo : toshimasa

看板のところまで戻ると「不動の滝」なる文字が。滝の名前で一番多いのではないかと思われる名前がついた滝を見に、脇道に入っていく。しばらく山道を走ると急に紫陽花に囲われた空間が現れた。何だここは楽園か?小さく駐車場と書かれた異質な空き地に車を止めた。初めて来た山に迷い込んで何か面白そうな場所に着いたようだ。さっきまでのモヤっとした頭は晴れ渡りフル回転しだした。気がつけば雨も小降りになっている。さて冒険に出かけようか。

今回の散歩はここで終わります。
また次回の散歩でお会いしましょう。