423歩 ビルに囲まれて瞑想する 編

CanonEOS5Dmk2  SIGMA50mmF2.8macro  iso100 50mm f2.8 1/8000 M  photo : toshimasa
CanonEOS5Dmk2 SIGMA50mmF2.8macro iso100 50mm f2.8 1/8000 M photo : toshimasa

久しぶりに街の中を歩いてみた。以前は何も感じなかったが、知らずに人や物と距離をとっている自分がいる。皆さんこんにちは。マスク姿の人達が足早に歩いていく。少し前はもっと人との距離感が近かった気がする。今では磁石がお互いを反発するように自然と生まれる距離感が、他人との隔たりを強くしている。それに加えて皆同じ様なマスク姿である。こんな様相の中、遠い国では人種差別でもめている。差別も何も皆んな同じ姿じゃないか。同じように距離を取り同じように押し黙っている。マスクをしていると怒っているのか笑っているのかすらわからない。皆同じに見える。だからこそ生まれる一体感を感じるべきだと思う。
CanonEOS5Dmk2  SIGMA50mmF2.8macro  iso100 50mm f2.8 1/2500 M  photo : toshimasa
CanonEOS5Dmk2 SIGMA50mmF2.8macro iso100 50mm f2.8 1/2500 M photo : toshimasa

皆んなが同じようにマスクをして距離を保つのは、人に優劣があるわけでもなく、皆が同じという証明であると思う。わからない敵に苛立つ気持ちもわからないわけではないが、その苛立ちの出口を間違えてはいけない。今だからこそ、少しだけ思いやりを持ってみてはいかがでしょう。いいじゃないか、にわか偽善家と言われても。うんいいと思う。人に少し優しくするキャンペーン期間だと思えば。長い人生そんな事もあってもいいと思う。だって自分も知らないうちに助けられているはずだから。

今回の散歩はここで終わります。
また次回の散歩でお会いしましょう。