388歩 草むらのカラフルなものたち 編

CanonEOS5Dmk2   SIGMA50mmF2.8macroEX DG  iso200 50mm f2.8 1/500 M  photo : toshimasa
CanonEOS5Dmk2 SIGMA50mmF2.8macroEX DG iso200 50mm f2.8 1/500 M photo : toshimasa

There are no borders or discrimination in the photos.
緑豊かな草むらの中をじっと見つめていくと、見えてくる世界がある。皆さんこんにちは。今回の散歩は小さな水路の脇の土手を歩いてみます。舗装されていない道って最近あまり無いですよね。水田の周りの農道もどんどんと整備が進んで舗装されて綺麗な土手が作られています。綺麗になって便利にはなっていくのですが、なんだか寂しい感じがします。久しぶりに草の上を歩いて、柔らかい感触や、踏みしめる音を楽しみながら、懐かしさに浸っていました。ふと気になってかがんで脇の草むらの中をのぞいて見ると、さっきまでは気が付かなかった世界が広がっていました。
まず最初に見つけたものは、草の陰に隠れていた青く輝く身体を持つ虫でした。高貴な宝石のような青黒い輝きに目を奪われて、時の経つのも忘れて眺めていました。
CanonEOS5Dmk2   SIGMA50mmF2.8macroEX DG  iso500 50mm f2.8 1/1600 M  photo : toshimasa
CanonEOS5Dmk2 SIGMA50mmF2.8macroEX DG iso500 50mm f2.8 1/1600 M photo : toshimasa

青き輝きを持つ虫から視線を戻し足元を見ると、今度は真紅の小さな花が咲いていました。お前はいつからそこにいたんだ?全く気が付かなかったよ。注意せずに踏んでしまわなくて本当に良かった。普段の視点からは全く気が付かない世界がそこには広がっていた。いいものを見させていただきました。さて行くか。

今回の散歩はここで終わります。
また次回の散歩でお会いしましょう。