417歩 お気に入りのレンズで街を散歩#1 編

CanonEOS5Dmk2  Sigma50mmF2.8macro  iso100 50mm f2.8 1/2500 M   photo : toshimasa
CanonEOS5Dmk2 Sigma50mmF2.8macro iso100 50mm f2.8 1/2500 M photo : toshimasa

お気に入りのレンズでいつもとは違う景色を撮ってみた。皆さんこんにちは。最近のお気に入りのレンズ、それはちょっと昔のSIGMAの50mm-macroレンズです。50mmという使いやすい焦点距離と等倍マクロレンズという本格的な性能に魅了されて手元に来たレンズなんです。実際に使ってみると、想像をはるかに超える素晴らしいレンズでした。季節柄花をメインに撮影してきたのですが、散歩写真というわけで、いつもとは違うフィールドに持ち出してみました。いつものステージであるパークを抜け出して、今回散歩するステージはストリートです。夕暮れ時の街角をどう写し出していくのか楽しみです。
まずは、高架下をブラリ散歩。よく目にする高架下のグラフィティーを、絞りは開放で撮っています。気持ちアンダー目で寂し目な感じで撮ってみました。色の発色は強烈です、そこがメリハリのある雰囲気のある描写に繋がっている気がします。
CanonEOS5Dmk2  Sigma50mmF2.8macro  iso100 50mm f2.8 1/640 M   photo : toshimasa
CanonEOS5Dmk2 Sigma50mmF2.8macro iso100 50mm f2.8 1/640 M photo : toshimasa

次は、歩道に群生していた色とりどりな花を撮ってみました。このレンズはマクロレンズなので、最大の武器は寄れる事です。寄ることで被写体をより迫力のある捉え方ができたりもします。色が強く出るのは、ストリートで撮影していて実に楽しいですね。フルサイズカメラで撮影していても、周辺減光なんかも全く無く快適です。なかなか良いのではないでしょうか。もう少し散歩を続けていきたいと思います。

今回の散歩はここで終わります。
また次回の散歩でお会いしましょう。