383歩 水滴を追いかけて 編

CanonEOS5Dmk2   SIGMA50mmF2.8macroEX DG  iso500 50mm f3.5 1/640 M  photo : toshimasa
CanonEOS5Dmk2 SIGMA50mmF2.8macroEX DG iso500 50mm f3.5 1/640 M photo : toshimasa

雨の止んだタイミングを見計らって、さぁ外に出てみよう。皆さんこんにちは。雨が続く季節はなかなか外に出るタイミングがなかったりしますよね、外を眺めていてもどんよりと重たい雲に覆われた空と、グレートーンの景色が広がっている。天気予報を見ても雨マークが並んでいる。嘘でもいいから晴れマークを付けてくださいとも思ってしまう。
ふと外に目をやると、さっきまでの雨が上がっている。今しかない。カメラを手に外に飛び出した。外に出たところで、まだ少しパラついているか。タオルを取りに戻る。もう出たい気持ちは抑えられない。せめてカメラだけは濡らさないようにタオルをかけて散歩に出発。
CanonEOS5Dmk2   SIGMA50mmF2.8macroEX DG  iso500 50mm f2.8 1/800 M  photo : toshimasa
CanonEOS5Dmk2 SIGMA50mmF2.8macroEX DG iso500 50mm f2.8 1/800 M photo : toshimasa

とは言っても、またいつ強く降り出すかわからない。そんなに遠くへは行けないな。庭先にいい物がありそうだ、雨の置き土産輝く雫を探してみようか。マクロレンズでググっと寄っていく。うんいい輝きだ。頭の上に雫が落ちてくる、お願いだからカメラには落ちないで。そう願いながら更に寄っていく。

今回の散歩はここで終わります。
また次回の散歩でお会いしましょう。