380歩 光の演出に心踊る 編

CanonEOS5Dmk2  Sigma50mmF2.8macro EX DG  iso100 50mm f5 1/250 M  photo : toshimasa
CanonEOS5Dmk2 Sigma50mmF2.8macro EX DG iso100 50mm f5 1/250 M photo : toshimasa

 There are no borders or discrimination in the photos.
光を拾い集める散歩、慣れてくるととても楽しく夢中になります。皆さんこんにちは。光を撮る時に欠かせないものが影です。全体的に光が当たっているだけでは、光をうまく撮ることができないです。対極にある影という存在があるからこそ、光が当たっているところが浮き出てくるのです。光と陰が同居する場所それは雑木林の中です。
今回の散歩はそんな雑木林を散歩していきます。雑木林といっても身近な場所で探すのは難しいですよね。でも意外と似たような場所があるんですよ。それは公園の遊歩道です。少し大きな公園になると外周を散策できるように遊歩道があったりしますよね、それが手軽に楽しめる雑木林散策です。そして今回の散歩で絶対条件なのが晴れていることです。意外と難しくないと思います。お気に入りのレンズを付けて、さぁ出発しましょう。

CanonEOS5Dmk2  Sigma50mmF2.8macro EX DG  iso100 50mm f5 1/1250 M  photo : toshimasa
CanonEOS5Dmk2 Sigma50mmF2.8macro EX DG iso100 50mm f5 1/1250 M photo : toshimasa

木陰を抜ける遊歩道は散歩していて気持ちが良いですよね。早速木陰のベンチ裏でいい光を見つけました。雑草の葉に落ちる木漏れ日、せっかくのマクロレンズなので寄って撮ってみます。程よく散歩が出来て楽しい撮影もできる久しぶりにいい時間を過ごせました。散歩する時の水分補給と紫外線対策は忘れずにしてください。

今回の散歩はここで終わります。
また次回の散歩でお会いしましょう。