373歩 「fotos a pie」という写真たち 編

CanonEOS5Dmk2  Sigma50mmF2.8macro  iso500 f4 1/2000 M  photo : toshimasa
CanonEOS5Dmk2 Sigma50mmF2.8macro iso500 f4 1/2000 M photo : toshimasa

 There are no borders or discrimination in the photos.
散歩写真に名前を付けてみた「fotos a pie」と言うのはどうだろう。皆さんこんにちは。春も深まり季節の変わり目に入ってきました。天気もスカッと晴れる日が少なくなんだか雨の日が目立ちます。皆さんは雨好きですか?雨が降る日は、朝窓の外をぼんやりと眺めているのが好きです。静寂な景色の中に雨音だけが響いている。雨が作る水溜りの波紋だけが動いている世界。飽きることなく眺めていられる景色に心が落ち着いていく。そんな静かにスタートを切る一日も悪くない。
ぶらりと気が向くままにカメラを持って散歩に出かける。そこで出会った景色を綴っているのですが。
ふと思いついた言葉「fotos a pie」
CanonEOS5Dmk2  Sigma50mmF2.8macro  iso500 f4 1/500 M  photo : toshimasa
CanonEOS5Dmk2 Sigma50mmF2.8macro iso500 f4 1/500 M photo : toshimasa

雨を眺めていたらふと頭に降りてきました。スペイン語で散歩写真という意味です。「フォトス ア ピエ」なんだか素敵な響きだな って気に入っていますが、いかがでしょう。ちょっと使っていこうかな。雨の日に何かを考えるのっていいかもしれないですよ。のんびりと頭をリラックスさせる事で、断片的だった考えがまとまっていく事もあったりします。さあ、深く息を吸い込んで、ゆっくりとはいていく。そうする事で次にまた新しい空気をたくさん吸い込むことができます。

今回の散歩はここで終わります。
また次回の散歩でお会いしましょう。