403歩 耳をすまして 刻を待つ 編

CanonEOS5Dmk2  CanonEF24-70mmF4L  iso100 47mm f10 100" B  photo : toshimasa
CanonEOS5Dmk2 CanonEF24-70mmF4L iso100 47mm f10 100" B photo : toshimasa

森の中でじっと息を殺してシャッターを切る100秒。至福の時を満喫する。皆さんこんにちは。春になったらこの渓谷でスローシャッターで写真を撮りたい。そんな思いから色々と構想を練ってフィルムカメラで撮ってみたらどうなるんだろう、という考えから自分と同じ年の機械式カメラを探したりしていました。春が過ぎ去ってしまって初夏ですが、下見を兼ねて行ってきました。しばらく雨が降っていなかったので水量は少し少なめかな。今回は下見と自分の感を取り戻すためなので軽めの撮影です。でも、せっかく来たので、フィルターを付けて長時間露光やってみますか。レンズは完璧にメンテして頂きました24-70mmF4Lです。テスト撮影でシャッタースピードが1/10だったので、ND1000のフィルターを付けるとシャッタースピードは100秒になります。今回も使うフィルターはNISIのNDフィルターです。レリーズでシャッターを切りカウンターできっちり100秒数える。最高の100秒です。
CanonEOS5Dmk2  CanonEF24-70mmF4L  iso100 47mm f10 50" B  photo : toshimasa
CanonEOS5Dmk2 CanonEF24-70mmF4L iso100 47mm f10 50" B photo : toshimasa

次はカメラの向きを変えて撮っていきます。こちらはテスト撮影で1/20でしたので、シャッタースピードはフィルターを付けると50秒になります。久しぶりすぎて操作や設定にぎこちなさを感じます。川の流れの表情を変化させて楽しみます。水量が少ないので若干力強さが足りない感じですが、いい時間を過ごすことができました。本当に久しぶりすぎて、フィルターを付けたつもりで普通の状態で100秒露光したり、失敗もありました。次はちょっと気合を入れて万全の状態で挑みたいと思います。

今回の散歩はここで終わります。
また次回の散歩でお会いしましょう。