398歩 紫陽花に差す光を 編

CanonEOS5Dmk2  SIGMA50mmF2.8macroEX-DG  iso200 50mm f2.8 1/8000 M  photo : toshimasa
CanonEOS5Dmk2 SIGMA50mmF2.8macroEX-DG iso200 50mm f2.8 1/8000 M photo : toshimasa

とある公園の紫陽花の道には、ステキな光が降り注ぐ時がある。皆さんこんにちは。大きな公園の端に紫陽花がたくさん植えられている道がある。天気のいい日は花を撮影したりポートレートを撮影している方もいる。私が探すのはもちろん木漏れ日だ。大きな木の陰になる感じで植わっているので、紫陽花たちにとっては日の当たり方が弱いのかもしれない。いい感じに木漏れ日が差し込めば、紫陽花にスポットライトが当たっているような写真になるのではないかと思い散歩出発です。使うレンズは濃い緑の発色がステキなSigma50mmF2.8macroですよ。最近お気に入りのレンズです。カメラを持ってぶらぶら散歩していると、カメラを持って同じように散歩している人と最近よく出会います。でもカメラを構える場所やタイミングが他の人とちょっと違います。他の人がカメラを構えている光が広く当たっている場所は素通りしていきます。影の中に差し込むほんのわずかな光の場所で立ち止まって撮影していると、何を撮ってるんだって感じで見られます。
CanonEOS5Dmk2  SIGMA50mmF2.8macroEX-DG  iso200 50mm f2.8 1/3200 M  photo : toshimasa
CanonEOS5Dmk2 SIGMA50mmF2.8macroEX-DG iso200 50mm f2.8 1/3200 M photo : toshimasa

同じ公園にいて、同じように紫陽花を撮っているのですが、向いている方向も違えば、つけているレンズも人それぞれ全く違います。皆さんはどんな写真を撮っているのでしょう。少し気になりますね。今は自分のスタイルが楽しいのでしばらくはステキな木漏れ日を求めて散歩していきたいと思います。

今回の散歩はここで終わります。
また次回の散歩でお会いしましょう。