363歩 雨上がりの朝に 編

CanonEOS5Dmk2  CanonFD100mmF4macro+FD50  iso200 100mm f4 1/320 M  photo : toshimasa
CanonEOS5Dmk2 CanonFD100mmF4macro+FD50 iso200 100mm f4 1/320 M photo : toshimasa

雨上がりの朝は早起きして宝探し。キラキラと輝く水滴の宝石にワクワクする。皆さんこんにちは。昨日の夕方から夜の間降り続いた雨がいつのまにかやんでいた。朝日が昇ってくると雨の置き土産の水滴がキラキラと輝きだす。そんな朝は早起きして良かったと思う。まだ静かな街の空気を全身で感じながら、雨で澄み切った新鮮な空気を思いっきり吸い込む。身体の中が浄化されていくのがわかるぐらい気持ちがいい。そんな朝に最適なレンズはやっぱりマクロレンズだな。庭の木々の葉や花びらに付いている宝石を探していく。見る角度によって輝き方が変化する。
最初に探したのは花びらの上に残された宝石だ。ファインダーを覗きながらピントを調節する、ピントの位置をいろいろと変えて撮ってみると、どこにピントを合わせるのが良いのかわかってくるかもしれない。
CanonEOS5Dmk2  CanonFD100mmF4macro+FD50  iso200 100mm f4 1/320 M  photo : toshimasa
CanonEOS5Dmk2 CanonFD100mmF4macro+FD50 iso200 100mm f4 1/320 M photo : toshimasa

次は、葉に付いた雫を探してみよう。様々な水滴が残されていて目移りしてしまう。そんな中、面白い形の葉の先から飛び立とうとしている雫を見つけた。カメラの向きを変えながら綺麗に見える位置を探っていく。今度はピントを葉に持っていって見た。葉のざらっとした質感と水滴のつるんとした感じの対比が面白い。背景を少しダークになるような角度で撮ってみた。1日のスタートが実に楽しい時間になった。さぁ今日も頑張れそうだ。

今回の散歩はここで終わります。
また次回の散歩でお会いしましょうr