362歩 春の森の造形色彩美 編

CanonEOS5Dmk2  CanonEF70-300mmF4-5.6L  iso100 164mm f5.6 1/640 M  photo : toshimasa
CanonEOS5Dmk2 CanonEF70-300mmF4-5.6L iso100 164mm f5.6 1/640 M photo : toshimasa

春の森はステキな形や色が溢れている。ワクワクする景色に心が洗われます。皆さんこんにちは。本日の散歩は裏山へ行ってみたいと思います。遠くから眺める春の山はもの凄くカラフルです。秋の紅葉の時期に皆さんは赤く染まった山々を見に行かれると思いますが、春の里山もまた違ったカラフルさがあります。暖かくなって新緑の季節です、新しい葉が一斉に生えてくるこの季節の山は様々な緑色で溢れています。常緑樹は濃い奥深い緑色をしています。冬に葉を落とした木々は、一斉に芽吹いています。黄色っぽい黄緑色の葉を付けたり、薄緑の葉を付けたりしています。元気になる景色ですね。
そんな中少し魅かれる景色を目にしました。まだ若い感じの竹藪でしょうか、整った自然の造形美に大きく深呼吸。
CanonEOS5Dmk2  CanonEF24-70mmF4L  iso100 44mm f5.6 1/500 M  photo : toshimasa
CanonEOS5Dmk2 CanonEF24-70mmF4L iso100 44mm f5.6 1/500 M photo : toshimasa

色とりどりの新緑の里を散歩していて、ひときわ目を引く鮮やかなオレンジ色の木に出会いました。何の木だかわかりませんがかなり目立っていました。しかも一本だけ。紅葉の種類でも赤い葉をつけるものがあります。新緑の中に真っ赤な葉が元気をくれますよね。こんなビタミンカラーに出会えると嬉しくなっちゃいますよね。さあ元気ももらったし、帰りますか。

今回の散歩はここで終わります。
また次回の散歩でお会いしましょう。