361歩 森に差し込む光の先に 編

CanonEOS5Dmk2  CanonEF70-300mmF4-5.6L  iso100 75mm f5.6 1/125 M  photo : toshimasa
CanonEOS5Dmk2 CanonEF70-300mmF4-5.6L iso100 75mm f5.6 1/125 M photo : toshimasa

久しぶりに見つけた森の中の木漏れ日、気が付いたら斜面を駆け上っていた。皆さんこんにちは。本日の散歩は裏山へ行ってみました。ちょっと強めの日差しが差し込む午後、大きな木々の影が心地いい裏山の道からふと斜面の上を見上げると、一筋のいい光が森の中へ差し込んでいました。ピンスポットのように細い光は、根元で葉を広げるシダを照らしていました。久しぶりの光を浴びるだろうシダはとても嬉しそうでした。気が付いたらカメラを掴んで斜面を駆け上っていました。光は時間と共に変化していきます。ベストな時は一瞬だけです、それを逃すと影ってしまったり、移動してしまったりします。素早く露出調整をしてシャッターを切ります。うん満足です。
CanonEOS5Dmk2  CanonEF70-300mmF4-5.6L  iso100 74mm f5.6 1/40 M  photo : toshimasa
CanonEOS5Dmk2 CanonEF70-300mmF4-5.6L iso100 74mm f5.6 1/40 M photo : toshimasa

奥を見るとさらにもう一箇所光が差していました。深い森になれば光と影の明暗があり、より神秘的な光になります。その大切な光をさらに神秘的に見えるように撮っていきたい。まだまだ腕を磨かなければと心に誓って帰路につきました。また、いい光に出会えますように。

今回の散歩はここで終わります。
また次回の散歩でお会いしましょう。