360歩 広い視野を持とう 編

CanonEOS5Dmk2  CanonEF24-70mmF4L  iso100 24mm f5.6 1/640 M  photo : toshimasa
CanonEOS5Dmk2 CanonEF24-70mmF4L iso100 24mm f5.6 1/640 M photo : toshimasa

久しぶりに里山への散歩道。新緑溢れる里山に心を癒される。皆さんこんにちは。本日の散歩は少し向きを変えて里山に向かって出発です。最近使っているレンズはオールドレンズのマクロレンズや焦点距離の長めのレンズばかりでした。慣れとは恐ろしいもので広角レンズで撮っていた感覚に戻れるだろうか。いつもの散歩道で24mmのレンズを使ってみたら、無駄に広い。ここではこの画角では撮れない。じゃあ、散歩へ行く向きを変えてみよう。というわけで里山へやって来ました。新緑に覆われた山々から春らしい気持ちのいい風が吹いてきます。今回取り付けたレンズはCanonEF24-70mmF4Lという標準ズームレンズです。24mmでファインダーを覗いてみる。
うわぁ、広い。
今までこんな感覚はあまり感じたことがなかったのだが、中望遠やマクロになれた感覚は恐ろしい。被写体がポイントになってしまい空間を捉えるという感覚がなかなか戻ってこない。ここはまず目を広さに慣らしていくしかない。カメラで撮るのではなくしっかりと風景を眺めることに集中した。スケールを広く。やっとでおさめた24mmで撮った新緑の森、枝を広げた力強い木に生命力の強さを感じ元気をもらう。
CanonEOS5Dmk2  CanonEF24-70mmF4L  iso100 70mm f5.6 1/640 M  photo : toshimasa
CanonEOS5Dmk2 CanonEF24-70mmF4L iso100 70mm f5.6 1/640 M photo : toshimasa

結局今回の散歩で24mmで撮ることができた写真は先ほどの写真だけでした。後は気がつくとズームして余分なところを取り除いていく。もう少し慣れが必要ですね。荒治療で広角単焦点で散歩なんていうのもいいかもですね。まぁのんびりいきましょう。楽しんでいきましょう。
それにしても、気持ちいい風でした。

今回の散歩はここで終わります。
また次回の散歩でお会いしましょう。