329歩 何だこのレンズは! 編

CanonEOS5Dmk2  CanonFD135mmF2.5sc  iso100 135mm f2.5 1/800 M  photo : toshimasa
CanonEOS5Dmk2 CanonFD135mmF2.5sc iso100 135mm f2.5 1/800 M photo : toshimasa

オールドレンズレンズをフルサイズのカメラに付けて撮ってみた。鳥肌が立った!皆さんこんにちは。身体を動かさないと、と思い散歩に出かけた。もちろんカメラを持って。どのカメラを持って行こうか、レンズは何にしようか。そうだ、試してみたかった組み合わせがあったんだ。手に取ったとのはオールドレンズのCanonFD135mmF2.5scと5dmk2です。このレンズとフルサイズカメラの組み合わせで撮影してなかった。時間は午後の2時ごろ、春の穏やかな午後です。中望遠の135mmでどんな写真を撮ろうか。やはりこの時期目につくのは色とりどりの花たちです。心が晴れやかな気分になりますよね。自然は本当に力強いです。ふと目に入った道端の青紫の花が誘ってきます。40年以上前のレンズ、当然マニュアルフォーカスです。慎重にピントを合わせてシャッターを切ります。花は日陰かなと思うような場所にひっそりと咲いていました、それなのにこの写りです。いかがですか、絞りは開放で撮っています。メリハリの効いたはっきりした発色の表現の仕方をするレンズで、光をすごく上手く取り入れて表現してくれると思います。僅かに差し込む光を本当に柔らかく写し出してくれます。撮って背面の液晶で見た時に、鳥肌が立ちました。思わず凄い!っとつぶやいてしまいました。
CanonEOS5Dmk2  CanonFD135mmF2.5sc  iso100 135mm f2.5 1/800 M  photo : toshimasa
CanonEOS5Dmk2 CanonFD135mmF2.5sc iso100 135mm f2.5 1/800 M photo : toshimasa

ボケも自然で柔らかくじつに滑らかにボケてくれます。この頃のオールドレンズと比べると、味わいが無いと言ってしまえばそうなのかもしれませんが、この発色の良さはこの頃のFDレンズの特徴では無いかと思います。それから白の色を綺麗に見せてくれるレンズだと思います。散歩していて本当に楽しいレンズでした。このレンズ本当に素晴らしいです。まだしばらくオールドレンズを持ち出す散歩が続きそうな予感がします。

今回の散歩はここで終わります。
また次回の散歩でお会いしましょう。