351歩 モノクロマクロの幻想世界 編

CanonEOS5Dmk2  CanonNewFD100mmF4macro+FD50  iso320 100mm f4 1/500 M  photo : toshimasa
CanonEOS5Dmk2 CanonNewFD100mmF4macro+FD50 iso320 100mm f4 1/500 M photo : toshimasa

マクロの世界を散歩してきて、ひとつの明かりを掴んだ感じ。皆さんこんにちは。本当に興味本位で覗いてみたマクロの世界、見よう見まねで手探りの状態で色んな物を撮ってみました。ここに紹介されない写真の山がまた増えました。きっかけはオールドレンズのマクロレンズがやってきたとこから始まります。マクロレンズに行き着いたのは、手持ちのオールドレンズをデジタル一眼レフカメラにマウントアダプターを介して取り付けた時に、言われていた通り無限遠でのピントが合わないところから、近撮寄になっていきマクロレンズにたどり着きました。早速デジタル一眼レフで試してみたら、もう虜ですよ。自分が探す世界がマクロの世界になってしまいました。
でも、所詮は人の真似です。撮った写真を眺めていて、色という情報を取り除いてみました。
CanonEOS5Dmk2  CanonNewFD100mmF4macro+FD50  iso320 100mm f4 1/500 M  photo : toshimasa
CanonEOS5Dmk2 CanonNewFD100mmF4macro+FD50 iso320 100mm f4 1/500 M photo : toshimasa

そうすることでより被写体の持つ質感に目がいくようになったと思います。マクロ写真というとはっきりとした強めの発色の世界というと印象を受けます。そこでちょっと色を抜いてみたら。私は気に入りました。今度また機会があれば、囚われずに自分の表現を探していきたいです。


今回の散歩はここで終わります。
また次回の散歩でお会いしましょう。