302歩 桜のある景色に 編

CanonEOS5Dmk2  CanonEF70-300mmF4-5.6L  iso160 300mm f5.6 1/1250  photo : toshimasa
CanonEOS5Dmk2 CanonEF70-300mmF4-5.6L iso160 300mm f5.6 1/1250 photo : toshimasa

Enjoy the feeling of taking a walk at home.

春の日差しを浴びに、散歩をしてみませんか?
皆さんこんにちは。ちょっと外出するのをためらってしまう出来事が起こっています。自分の身は自分で守らなければなりません。家の中に閉じこもっていてもストレスが溜まってきますよね。ちょっと外に出られる事が出来る方は、散歩に。出る事が難しい方は、写真を見て気分だけでも味わっていただけると幸いです。散歩に出る方も、決して人がいる場所には向かわないように。皆んなが集まっている場所がいい場所、綺麗な場所だとは限りません。この際自分だけの秘密の絶景を探してみるのもいいかもです。
この時期、皆さんをソワソワさせる桜。毎年桜は何となく撮ってはいるのですが、実に難しい素材だと私は思います。なかなか上手く撮れない。どの様に撮ればいいかわからない。今回は主題を桜ではなく、他の物を入れて桜を撮ってみました。
最初のターゲットはメジロです。スズメの仲間の鳥ですが、ウグイスのように美しい緑の身体をしていて、目の周りが白いのが特徴です。桜の木に群がっていたりします。夢中で桜の花と戯れるメジロを夢中で追いかけます。使ったレンズは70-300mmLです。このレンズはコンパクトなサイズで、しかも使いやすい焦点距離。しかも解像感がそこそこあるのが気に入っています。

CanonEOS5Dmk2  CanonEF70-300mmF4-5.6L  iso160 300mm f5.6 1/1250  photo : toshimasa
CanonEOS5Dmk2 CanonEF70-300mmF4-5.6L iso160 300mm f5.6 1/1250 photo : toshimasa

次は、散歩に来ていた小さな子をフレームに入れてみました。桜を明るく撮りたいと思い、露出オーバー気味の設定で撮ってみました。こちらの写真も使ったレンズは70-300mmLです。ピントを花に持っていく事で、子供を少しぼかした感じで優しく撮ってみました。光溢れる感じが気に入っている一枚になりました。
風景に人物を入れてみると、いいよ と聞いたことがあります。確かに、桜だけを撮っているより撮りやすいです。普段人物を撮り慣れていないので、人の撮り方も少し勉強していく必要がありますね。写真は本当に奥が深いです、しかも正解が無数に存在するので、自分なりの表現というものを出す事が出来るように、日々精進ですね。

今回の散歩はここで終わります。
また次回の散歩でお会いしましょう。