316歩 名も無き山桜 いと美しき 編

CanonEOS5Dmk2  CanonEF70-300mmF4-5.6L  iso100 300mm f10 1/80  photo : toshimasa
CanonEOS5Dmk2 CanonEF70-300mmF4-5.6L iso100 300mm f10 1/80 photo : toshimasa

ふと見つけた山桜を求めて、寄り道してみました。
皆さんこんにちは。町外れから山間の道を走っていると、道路脇の木々の間から綺麗な桜が見えました。ほんの一瞬でしたが、それが気になって道を外れてみました。最初は道路端から撮ってみようとも思いましたが、車を止める場所もなかったので、脇道に入ってみました。車がやっと通れるぐらいの細い道を入っていき、駐車可能な場所に車を止めてカメラを持ち出します。付いていたレンズは70-300mmのお気に入りの白いレンズです。よしこれだけで行ってみよう。重たいカメラバックは置いて、身軽な状態で里山を奥に入っていきます。小さな沢にかかる橋を渡ると、その先にこじんまりとした田園地帯が広がっていました。その一帯は日差しが差し込み明るく春の暖かさを感じる事が出来ました。その田園地帯の端に、先程道路から見えた桜の木がありました。傾き始めた日の光を受けてキラキラと輝く桜の花、まだ満開とまではいかないですが、美しかった。限られた人だけが見ることが出来る桜がある。有名な場所にある桜は皆んなが見に来るが、ひっそりとでも美しい。素敵な場所を見つけてしまった。
CanonEOS5Dmk2  CanonEF70-300mmF4-5.6L  iso100 135mm f10 1/13  photo : toshimasa
CanonEOS5Dmk2 CanonEF70-300mmF4-5.6L iso100 135mm f10 1/13 photo : toshimasa

迷い込んだ素敵な里山を、せっかくなので軽く散策してみました。日が傾きかけていたので、なかなか良い光を見つけることはできませんでしたが、ワクワクさせるような素敵な場所でした。未舗装の道には、イノシシらしき足跡がくっきりと残されていました。こんな割と街に近い場所でも、生息しているようですね。彼らの生きる里山を邪魔したり荒らすことなく、またお邪魔したいなと思える素敵な場所でした。まだ身近な場所にワクワクする様な自然が残されていたりします。うまく共存する事が出来るようなバランスを大切にしていきたいものです。

今回の散歩はここで終わります。
また次回の散歩でお会いしましょう。