303歩 35mmという画角 いいじゃないか 編

CanonEOS8000D  CanonFD24mmF2.8ssc  iso100 24mmf2.8 2.5" M  photo : toshimasa
CanonEOS8000D CanonFD24mmF2.8ssc iso100 24mmf2.8 2.5" M photo : toshimasa

Enjoy the feeling of taking a walk at home.

久しぶりにサブ機を取り出して、新旧24mm撮り比べしてみました。皆さんこんにちは。なんだか最近人と接触してないですね、店にもほとんど行って無いですし。早く元の生活が送れることを願っています。では、本日もひとり散歩行ってみましょう。本日の散歩写真は久しぶりにサブ機の登場です。動画撮影では頻繁に使っているのですが、写真撮影では久しぶりですね。小さくて手に馴染むいいカメラですね。まずはテスト撮影も兼ねて、newFD24mmF2.8sscというオールドレンズをマウントアダプターを介して取付けてみます。こうやって取付けてしまえば、普通のマニュアルフォーカスレンズとして使えます。背面液晶のズーム機能を使って、自分の好きな場所にピントを合わせていくことができます。無限遠でのピント合わせを確認したかったのですが。やはり無限遠は使えません。前回フルサイズ機の5Dmk2で試しましたが、今回APS-Cでも同じですね。このマウントアダプターでは無限遠は使えません。という事は、どの範囲の撮影なら使えるのか少し検証が必要ですね。高級マウントアダプターを購入すれば、無限遠が使えるようになるのか。そこまでして使おうとは思っていません。でも、今回試し撮りしてみたこの雰囲気私は気に入ってます。よく見るとピントは合っていないのですが、全体的にぼやけた状態が霧がかかったような感じを醸し出しています。オールドレンズっぽい写りですよね。

CanonEOS8000D  CanonEF24-70mmF4L  iso100 24mm f8 1/1000 Tv  photo : toshimasa
CanonEOS8000D CanonEF24-70mmF4L iso100 24mm f8 1/1000 Tv photo : toshimasa

次は現行のズームレンズを付けて。広角端の24mmで撮影していきます。24mmをAPS-C機に取り付けるとCanonの場合は焦点距離が1.6倍になるので、38.4mmという焦点距離になります。なかなか使いやすい画角ですよ。散歩にはちょうどいいかもしれません。焦点距離が35mmの単焦点レンズを買おうかと思ってしまったぐらい気に入った画角です。街中の散歩だと私は50mmとか85mmぐらいがいいかなって思いますが。開けた自然の中での散歩の場合35mmぐらいの画角で、グッと寄れるレンズがあると楽しいかもしれないです。まぁ、だからこの24-70mmF4Lのレンズを使っているんですけどね。最大撮影倍率が0.7というマクロ機能が付いているこのレンズにゾッコンです。

お気に入りの24-70F4Lですが、少し不具合が発生しています。そこでCanonのサービスに出して修理&メンテナンスをしてもらおうと思っています。その様子はまた後日報告したいと思います。

今回の散歩はここで終わります。
また次回の散歩でお会いしましょう。