298歩 オールドレンズの試し撮り 編

CanonEOS8000D  K&Fconcept KF-FDEF  FD135mmF2.5sc  iso800 135mm f2.5 1/640 Tv  photo : toshimasa
CanonEOS8000D K&Fconcept KF-FDEF FD135mmF2.5sc iso800 135mm f2.5 1/640 Tv photo : toshimasa

気が付くとオールドレンズに囲われていた。それならこのレンズを使って楽しみ方を探してみよう。皆さんこんにちは。本日の散歩写真はオールドレンズを楽しもう、という事で準備段階ですが、どの様な感じに撮影できるのか試して撮りしてみましたのでそれをまとめていきます。今回オールドレンズを楽しむにあたり導入したのは、K&Fconceptのマウントアダプターです。マウントアダプターとはレンズをカメラ本体に取り付ける時、通常はカメラ本体のレンズ取り付け部分のマウント形状に合ったレンズを選ぶのですが、違う種類の組み合わせでも取り付けが出来るアダプターです。これを使う事で他メーカーのレンズやオールドレンズを付けて撮影する事が出来るのです。
今回はCanonのオールドレンズを使うので、FDマウントをEFマウントに変換するマウントアダプターを使います。FDマウントとそれ以前のFLマウントはFDマウントで対応できるので、FLマウントのレンズも使えるようになりました。
サイトを見ているとフルサイズのカメラに取り付けるとケラレが生じるとあったので、APS-Cサイズのカメラで試し撮り、なかなか良い写りをしてくれそうです。
Canon5Dmk2  K&FconceptKF-FDEF  newFD50mmF1.4  iso100 50mm f1.4 1/80 M   photo : toshimasa
Canon5Dmk2 K&FconceptKF-FDEF newFD50mmF1.4 iso100 50mm f1.4 1/80 M photo : toshimasa

テスト撮影です。同じ位置から対象の窓ガラスを撮影してみます。使った機材は、フルサイズのCanon5Dmk2です。今回試したレンズではケラレは生じませんでした。対象の窓ガラスまでの距離は約2mです。iso感度は100 シャッタースピードは手ブレしないギリギリのラインかなと思われる、1/80で、モードはMです。手持ちの撮影です。ピントは中央ガラス面に合わせています。レンズ側は絞り開放です。
◇newFD50mmF1.4
開放F1.4の明るいレンズです。流石にこの露出だとオーバー気味です。解像感は低いです。実にオールドレンズっぽい柔らかな感じになります。
Canon5Dmk2  K&FconceptKF-FDEF  FD135mmF2.5sc  iso100 135mm f2.5 1/80 M   photo : toshimasa
Canon5Dmk2 K&FconceptKF-FDEF FD135mmF2.5sc iso100 135mm f2.5 1/80 M photo : toshimasa

◇FD135mmF2.5sc
解像感はある程度ありそうですね。少し絞ると使えそうです。ただ135mmという焦点距離で手ぶれ補正が全く無いので、露出高めでシャッタースピードを稼がないとダメそうです。ガラス手前にある網戸の目も確認できる程の解像感です。
Canon5Dmk2  K&FconceptKF-FDEF  FL50mmF1.8  iso100 50mm f1.8 1/80 M  photo : toshimasa
Canon5Dmk2 K&FconceptKF-FDEF FL50mmF1.8 iso100 50mm f1.8 1/80 M photo : toshimasa

◇FL50mmF1.8
手持ちのレンズで一番古いFLマウントのレンズです。このレンズ、前期の物はアトムレンズですが、これは後期の物になります。解像感は弱く 全体がふんわりした感じです。ボケを上手く使えると化けそうなのですが。
Canon5Dmk2  K&FconceptKF-FDEF  FD24mmF2.8ssc  iso100 24mm f2.8 1/80 M  photo : toshimasa
Canon5Dmk2 K&FconceptKF-FDEF FD24mmF2.8ssc iso100 24mm f2.8 1/80 M photo : toshimasa

◇FD24mmF2.8ssc
レンズ表面にコーティングが施されているレンズです。割と解像感はありそうですね。暖かくなったら、このレンズを使って風景を撮ってみたいです。
Canon5Dmk2  K&FconceptKF-FDEF  newFD35-70mmF4  iso100 35mm f4 1/80 M  photo : toshimasa
Canon5Dmk2 K&FconceptKF-FDEF newFD35-70mmF4 iso100 35mm f4 1/80 M photo : toshimasa

◇newFD35-70mmF4  35mm
ズームレンズの広角端35mmです。開放がF4なので、解像感は高いですね。硬い感じの写真に向いてそうです。
Canon5Dmk2  K&FconceptKF-FDEF  newFD35-70mmF4  iso100 70mm f4 1/80 M  photo : toshimasa
Canon5Dmk2 K&FconceptKF-FDEF newFD35-70mmF4 iso100 70mm f4 1/80 M photo : toshimasa

◇newFD35-70mmF4L  70mm
望遠端の70mmです。こちらもしっかりとした解像感です。普通に使えそうです。
Canon5Dmk2  CanonEF24-70mmF4L is usm  iso100 24mm f4 1/80 M  photo : toshimasa
Canon5Dmk2 CanonEF24-70mmF4L is usm iso100 24mm f4 1/80 M photo : toshimasa

◇EF24-70mmF4L
比較の為、現行のレンズとも比べてみます。やはり解像感を比べてしまうと、現行レンズはしっかりした解像をしますね。
Canon5Dmk2  CanonNEW FD24mmF2.8ssc K&FconceptFDEF  iso400 24mm f8 30" M  photo : toshimasa
Canon5Dmk2 CanonNEW FD24mmF2.8ssc K&FconceptFDEF iso400 24mm f8 30" M photo : toshimasa

このマウントアダプターを使った場合の問題点なのですが、無限遠が出ないと言われているので、最後にそちらを検証してみました。使用したレンズはFD24mmF2.8sscです。カメラはフルサイズの5Dmk2です。ピントを合わせるのですが無限遠でピントが合わないです。背面液晶を拡大して合わせていきますが、合いません。ピントリングが目一杯回し切って無限遠なので、風景などの撮影には向かないですね。このレンズ達が活かせる方法を考えたいと思います。

今回の散歩はここで終わります。
また次回の散歩でお会いしましょう。