289歩 シンプルだから美しい 編

CanonEOS 5Dmk2  Sigma50mmF1.4EX DG  ios100 50mm f1.4 1/500 Tv  photo: toshimasa
CanonEOS 5Dmk2 Sigma50mmF1.4EX DG ios100 50mm f1.4 1/500 Tv photo: toshimasa

シンプルだからこそ美しさが際立つ。
皆さんこんにちは。散歩写真に本日も出かけて行きましょう。皆さんはカメラを持って出かけていますか?本日持ち出したカメラはデジタル一眼レフカメラです。今でも現役で愛用しています、Canonの5Dmk2です。本当にいいカメラです。今回の散歩は、近くのお寺へ。お寺の庭は、季節ごとの木々が植えられていて、手入れもきちんと行き届いていて美しいです。天気が曇り空で光がとても弱いので、50mmの大口径単焦点レンズを付けて巡っていきます。50mmのレンズは一番種類の多い画角です。皆さんは50mmレンズどれを使っていますか?しばらくオールドレンズをフィルムカメラで使っていたのですが、オールドレンズはボケが凄いですよ。比較的明るいレンズが多いのですが、絞り開放では被写界深度が浅すぎて笑えてくるぐらいですよ。
私が使っているレンズは、SIGMA 50mmF1.4EX DGです。いいレンズでよ。ちょっと古いですけど。フレアーやゴーストは出やすいですね。
CanonEOS 5Dmk2  Sigma50mmF1.4EX DG  ios100 50mm f1.4 1/500 Tv  photo: toshimasa
CanonEOS 5Dmk2 Sigma50mmF1.4EX DG ios100 50mm f1.4 1/500 Tv photo: toshimasa

せっかくの明るいレンズなので、絞り開放で撮っていきたいと思います。被写界深度に浅さ、ボケの美しさを楽しんでみます。開放F1.4での撮影はかなり気を使います。レンズに手振れ補正機能は付いていません。ピントを合わせてシャッターを押すまで、少しでも動いてしまうとピントがずれてしまうのです。よくあるのが、シャッターを押す瞬間に微妙に被写体に寄ってしまう。体勢が不安定だとよく起こります。三脚を使ってしっかりと構図を決めて撮れば解決しますが、それでは撮影リズムが良くないですよね。体幹を鍛えないとダメですね。写真って意外と体力使いますよね。私の場合、癖でシャッターを押すときに力を入れすぎる様で、そこでブレが生じやすいです。修行が必要です。

今回の散歩はここで終わります。
また次回の散歩でお会いしましょう。