287歩 Lomography色を連れて散歩する#6 編

丈山苑  CanonF-1n  CanonFD50mmF1.4  Lomography-400  photo : toshimasa
丈山苑 CanonF-1n CanonFD50mmF1.4 Lomography-400 photo : toshimasa

春の足音はもうそこまで来ています。
皆さんこんにちは。今年の冬はなんだか変な気候ですね。暖かい日があったり寒い日があったり。体調崩されていませんか?辺りを見渡すと、確実に春は近づいてきています。春の知らせはじめは、梅の花から始まりますね。梅の花と桜の花って見分けつきますか?梅も桜も白っぽくてよく似てますよね。色はその木によって少しずつ違うので分かりにくいです。花の形を見てみましょう。梅は花びらが5枚、花びらの形が丸いです。では桜はどうでしょう。桜は花びらの形がハート形の様に切れ目があるのが特徴です。是非花をじっくりと見てみてください。今回の散歩は梅の花をフィルムカメラで撮ってみました。使ったカメラはCanonF-1です。レンズはCanon FD50mmF1.4です。フィルムはLomography-400を入れています。レンズの特徴は、最近のレンズと比べて、ボケが強烈です。
丈山苑  CanonF-1n  CanonFD50mmF1.4  Lomography-400  photo : toshimasa
丈山苑 CanonF-1n CanonFD50mmF1.4 Lomography-400 photo : toshimasa

今回の写真、どちらも同じレンズ同じ露出で撮っています。絞りはF4辺りまで絞っています。なのにこのボケ方です。被写界深度が物凄く浅いです。絞り開放にすると花びら1枚ぐらいの被写界深度になってしまいます。今回使った50mm意外にも、FDレンズの50mmは物凄くたくさん種類があるので、自分の好みに合った50mmを探してみるのも楽しいと思います。FDマウントで使えるレンズは、FLレンズ・FDレンズ・newFDレンズの3種類が使えます。お気に入りのレンズを探してみてください。

今回の散歩はここで終わります。
また次回の散歩でお会いしましょう。