284歩 CanonF-1で使うレンズの紹介 編

Canon NEW FD 50mm F1.4
Canon NEW FD 50mm F1.4

フィルムカメラを使いだして約2ヶ月、レンズがそろってきたので、紹介していきたいと思います。皆さんこんにちは。本日の散歩写真は機材の紹介をしていきたいと思います。機械式フィルムカメラがやってきてから約2ヶ月が経ちました。レンズがそろってきたので紹介します。
◆Canon New FD 50mmF1.4
まず最初に選んだレンズは50mmです。FDマウントの中でも新しいマウントロック形式のNewFDマウントの50mmです。50mmは沢山種類もあって、開放値の違いや、コーティングの有る無しなどの違いがあります。これは一番開放値の明るい中で、コーティングの無いものです。このレンズを標準レンズとして使っていきます。
Canon FD 24mm F2.8 ssc
Canon FD 24mm F2.8 ssc

◆Canon FD 24mm F1.8 ssc
次に選んだレンズは広角レンズの24mmです。普段は風景をメインで撮影しているので、24mmは使いやすい画角です。暖かくなったら風景撮影に出かけていきたいと思います。これはレンズ表面にコーティングが施されたタイプのレンズです。
Canon FD 135mm F2.5 sc
Canon FD 135mm F2.5 sc

Canon FD 135mm F2.5 cs
50mmと24mmで街を散歩していたのですが、散歩レンズとして中望遠のレンズが欲しかったので、100mmと迷いましたが、こちらの135mmにしました。開放値2.5となかなか珍しい数値のレンズです。レンズ表面にコーティングがされているレンズです。なかなか重たいレンズですね。
Canon FL 50mm F1.8
Canon FL 50mm F1.8

Canon FL 50mm F1.8
このレンズはFDマウントよりも以前のFLマウントのレンズです。FLマウントのレンズも使えるので、幅広く選ぶ事が出来ます。FLの50mmF1.8は新旧型があって、旧型はオールドレンズで人気のアトムレンズです。ボケが特徴的な渦を描くようにボケるそうです。アトムレンズはレンズが黄色っぽく変色しているものが多いです。このレンズは残念ながら新型です。アトムレンズでは無いですね。ボケも素直なボケ方をします。

こんなレンズラインナップです。お気付きになりましたか?そうです全部単焦点レンズなんです。FDレンズにはズームレンズも沢山あります。しかしながら40年以上前の物ですので、状態の良いものを探していくと、単焦点レンズに行き着きます。ズームレンズはガタがあったり、傷や不具合があったりと、あまり状態の良いものがありません。皆さんも選ぶ時は、なるべく状態の良いものを選ぶ事をすすめます。FDレンズを使ってみて驚いたのが、写りが実に良い事です。ボケは強烈で開放での被写界深度の浅さはびっくりします。オールドレンズに興味がある方は是非一度使ってみてください。
※今回の撮影は全てここに掲載しましたオールドレンズを使っておこなってみました。マウントアダプターを使ってCanonEOS8000Dに付けて撮影です。

今回の散歩はここで終わります。
また次回の散歩でお会いしましょう。