281歩 Lomography色を連れて散歩する#1 編

大阪  CanonF-1n  CanonFD24mmF2.8ssc  Lomography-400  photo : toshimasa
大阪 CanonF-1n CanonFD24mmF2.8ssc Lomography-400 photo : toshimasa

Lomographyを入れて色を楽しむ散歩に出発です。皆さんこんにちは。45年前のフィルムカメラを持って散歩に出かけたいと思います。昔のカメラだから、壊れやすいの?って思うかもしれませんが、私の使っているフィルムカメラはCanonF-1というカメラです。少し大きめな一眼レフカメラになるのですが、これが丈夫なんですよ。ボディーは全て金属で出来ていて、機械式カメラなので電池が無くても基本的には動きます。当時のフラッグシップと言われた機種だけに、細かい部分まできちんと作り込まれていて、腐食などの経年劣化が起きにくい機種です。フィルムカメラを探している方にはオススメなカメラですよ。
そんなF-1に今回は、Lomographyというメーカーのフィルムを入れていきます。種類はカラーネガでc-41現像のフィルムです。感度は400です。普段私はデジタルカメラの撮影においても、基本iso100なんですよ。今まで使ってきたフィルムも感度100の物を使ってきました。今回は400なので暗い場所でも撮れたりするので、楽しみです。では散歩に出発です。
大阪  CanonF-1n  CanonFD24mmF2.8ssc  Lomography-400  photo : toshimasa
大阪 CanonF-1n CanonFD24mmF2.8ssc Lomography-400 photo : toshimasa

基本的にみていただいている写真は、フィルム現像して、フィルムをスキャンした物になりますので。撮って出しだと思っていただいて結構です。今回は大阪の梅田近辺を散歩しました。レトロな街並みがある、中崎町辺りもと思ったのですが、南の方に向かっていました。夜は賑わいを見せるだろう街並み。時間は昼間で、昼夜逆転した街は静かに眠りについている時間帯でした。このフィルムの特徴として発色の良さと、コントラストの高さが際立っているのですが。このような風景の撮影にぴったりはまります。感度400の少し荒い感じも良いですね。次はお気に入りの螺旋階段に立ち寄ってきました。狙った通りのいい組み合わせです。柔らかくも強い写りに感動です。このフィルム良いですね。気に入りました。少し入手しにくいフィルムですが、楽しいフィルムです。

今回の散歩はここで終わります。
また次回の散歩でお会いしましょう。