271歩 モノクロフィルムと散歩する#4 編

CanonF-1N  Fujifilm-Acros100ll
CanonF-1N Fujifilm-Acros100ll

モノクロフィルムと散歩する。ビルの間で空を見上げる。皆さんこんにちは。本日もカメラを持って散歩に出かけていきましょう。持ち出すカメラは自分とほぼ同じ年齢のCanonF-1N(旧F-1後期)です。このカメラを最近よく持ち出していますが。ひとつ問題点があります。それは、カメラにグリップというものが無い事です。機械式カメラやライカなどのクラッシックなスタイルのカメラには、握るような形状のグリップがありません。モータードライブという自動巻き上げの機械を取り付けるとグリップも付いてくるのですが、重くてゴツくて実用的では無い。ネックストラップを付ければ万事解決する事なのですが、ネックストラップが好きになれない自分がいる。さてどうしたものか模索中です。
今回の散歩は駅前のビル群の中へ分け入って行こうと思います。カメラにセットされているフィルムはモノクロフィルムです。モノクロフィルムははじめてなのでなかなか勝手がわからないのですが、なんとなく少しオーバー目に撮影してみよう、と思って挑みました。私はどちらかというとアンダー目の写真を好むのですが、モノクロなので白と黒をはっきりと出して行こうと思い気持ちオーバー目になるように撮ってみました。
CanonF-1N  Fujifilm-Acros100ll
CanonF-1N Fujifilm-Acros100ll

思ったとおりに気持ちオーバー目の露出で撮れていると思います。街灯の光が強いのでそこをなんとか調整することが出来れば良いのですが。ハーフNDフィルターでも入れてみるか。夜間の撮影はきっちりと三脚を据えて撮影したので、手ブレなどのブレが起きていなくて、綺麗に撮れています。昔のカメラなので手ブレ補正機能がレンズにもボディにも付いていないので、三脚を使わなでブレずに撮れるか心配ですね。

今回の散歩はここで終わります。
また次回の散歩でお会いしましょう。