264歩 優しい光を探して-夜の公園-編

木場  CanonEOS 5Dmk2  Samyang14mmF2.8  iso100 14mm f8 30" M  photo : toshimasa
木場 CanonEOS 5Dmk2 Samyang14mmF2.8 iso100 14mm f8 30" M photo : toshimasa

月夜に港の公園でのんびりと。皆さんこんにちは、本日も夜の散歩です。最近夜の比率が高くなってきましたね、夜は普段何気ない物が、思いがけない美しいものへ化けることがあります。今回の散歩では、夜に美しい姿を見せるもの達を探していきたいと思います。
まず最初に公園に入って気になったのが、この木です。縦横無尽に枝を広げて夜空を覆っていきます。ちょうど天頂付近には月が輝いていました。月本体を枝で隠してやることで、光の量を調節します。木の幹に寄って14mmの広角レンズで捉えていきます。月の光の広がり方が、いい感じにアクセントになりました。光を抑えることで、木を単なるシルエットだけではなく、樹皮の質感も捉えていくことが出来ました。
木場  CanonEOS 5Dmk2  CanonEF24-70mmF4L  iso100 70mm f10 25" M  photo : toshimasa
木場 CanonEOS 5Dmk2 CanonEF24-70mmF4L iso100 70mm f10 25" M photo : toshimasa

次は公園の端まで行き、垣根の間から対岸をのぞいてみます。岸壁に整列した大型のクレーンが休んでいます。オレンジ色の光に包まれて、赤と白の機体が浮かび上がります。スポットライトの光のように強烈な光で照らし出すライトアップより、間接照明のような感じの包まれるような光の方が、私は好きです。ライトアップの場合は、光が強すぎて、露出設定が難しいです。夜の街は真っ暗に見えて、優しい光が実はあるという事が多々あります。そんな素晴らしいライティングを上手く使っていくのも楽しいです。

今回の散歩はここで終わります。
また次回の散歩でお会いしましょう。