262歩 赤い橋に挑戦 編

名港トリトン  CanonEOS 5Dmk2  CanonEF24-70mmF4L  iso100 24mm f10 30" M  photo : toshimasa
名港トリトン CanonEOS 5Dmk2 CanonEF24-70mmF4L iso100 24mm f10 30" M photo : toshimasa

夜の赤い橋。少ない光の中で赤の色を出すのは、なかなか難しい。皆さんこんにちは。本日も寒さに負けずに散歩していきましょう。この時期寒さも応えますが、撮影するのに辛いのが風です。吹き抜ける冷たい風は、カメラを揺らし、被写体も揺らし、体力も奪っていきます。防寒対策は万全で挑みましょう。今回の散歩の場所は、お気に入りの橋名港トリトンの三番目の橋「赤い橋」です。東から青・白・赤の順で三本の橋が繋がっています。普段は中央の白い橋をメインに撮っています。前回青い橋を撮りましたが、周りがオレンジ色の光に包まれていたので、色が綺麗に出ませんでした。今回は最後の赤い橋に挑戦です。ライトアップされている時間帯だと比較的撮りやすいのかもしれませんが(この橋はライトアップないかもしれません)赤い色は難しいです。特に暗い夜間は、黒く潰れやすい色です。赤い車を光が弱いところで見ると、黒や濃い茶色のように見えるのと同じです。
名港トリトン  CanonEOS 5Dmk2  CanonEF24-70mmF4L  iso100 24mm f10 20" M  photo : toshimasa
名港トリトン CanonEOS 5Dmk2 CanonEF24-70mmF4L iso100 24mm f10 20" M photo : toshimasa

今夜は月がかなり満月に近い感じで夜空に浮かんでいます。この月明かりがうまく橋を照らしてくれれば、赤い色を拾うことが出来そうです。露出設定を気持ちオーバー気味で撮っていきます。いつものようにアンダー気味の露出設定では、上手く赤は出ませんでした。いつもよりシャッタースピードを遅くする事で赤をいい感じに出す事が出来ました。問題だったのは、ファインダーでも背面液晶でも赤い部分が黒つぶれしてしまっていて、ピント合わせが大変でした。
またいい場所を見つけました。色々楽しめそうです。

今回の散歩はここで終わります。
また次回の散歩でお会いしましょう。