238歩 思い出話を酒のつまみに

古川 CanonEOS 5Dmk2 CanonEF24-70mmF4L iso100 55mm f4 1/320 Tv photo : toshimasa
古川 CanonEOS 5Dmk2 CanonEF24-70mmF4L iso100 55mm f4 1/320 Tv photo : toshimasa

昨日に引き続き、飛騨古川を散歩していきます。皆さんこんにちは。本日も散歩に出発です。飛騨古川駅の裏に車を止めて歩いて巡ってみます。カメラは愛機の5Dmk2 本日のレンズはCanonEF24-70mmF4Lです。皆さんはズームレンズと単焦点レンズどちらが好きですか。私はどちらかというとズームレンズの方が好きなのかもしれません。単焦点レンズだけで散歩する時もあります。楽しいのですが、逃している物も多い気がします。単焦点レンズで散歩していると視界の画角が固定されてきてしまいます。ズームレンズだと少し欲張りになります。あれもイイ、こっちもイイなって感じで。一番は自分のその日の気分に合わせて好きなレンズで。

古川 CanonEOS 5Dmk2 CanonEF70-300mmF4-5.6L iso100 182mm f5 1/500 Tv photo : toshimasa
古川 CanonEOS 5Dmk2 CanonEF70-300mmF4-5.6L iso100 182mm f5 1/500 Tv photo : toshimasa

静かな街をぶらぶらと歩いていきます。朝早いこともあり、まだ人はほとんど居ません。この街に来た理由の一つが、美味しい日本酒を求めてです。綺麗な水がって、美味しいお米が取れる場所には、イイお酒がある。ネットで世界中の物が家に居ながらに届いてしまう時代に、自分の足を使って赴かなければ出会えない物がある。そんな不便さが実は楽しかったりする。直接作り手と接することもできたりもする。美味しさに思い出もプラスされてより深みが出てくる。写真も同じなのかもしれない。その場所で、その瞬間に立ち会わなければ撮れない。だから、一枚一枚に深い思い出があり、楽しいエピソードまで付いてくる。

今回の散歩はここで終わります。
また次回の散歩でお会いしましょう。