242歩 冬の野原川を散歩する #2編

野原川  CanonEOS 5Dmk2  CanonEF24-70mmF4L  iso100 24mm  f10 20" B NISI-ND1000  photo: toshimasa
野原川 CanonEOS 5Dmk2 CanonEF24-70mmF4L iso100 24mm f10 20" B NISI-ND1000 photo: toshimasa

準備が整ったので、さあ出発です。皆さんこんにちは。本日も散歩写真スタートです。昨日からの続き野原川を散歩していきます。私の野原川の回り方は、下流側に車を止めて、まずは望遠レンズを付けて上流に向かって歩いていきます。川沿いに道路があるのでそこを上流に向かっていきます。川の様子を見ながら、光の様子も気にしながら。良い光があれば、スナップしながら歩いていきます。ここの川の特徴は、川が道路から下の方を流れています。道路から川へは、ほぼ崖です。何箇所か下に降りれるところがあります。それ以外の場所で降りるのはほぼ不可能です。流れの中に点在する岩は、大きめですね。渓谷の様なイメージです。水量はしっかりとしています。天気や季節に関係無く安定しています。崖のあちこちから湧き水が染み出しています。
野原川  CanonEOS 5Dmk2  CanonEF24-70mmF4L  iso100 24mm  f10 25" B NISI-ND1000  photo: toshimasa
野原川 CanonEOS 5Dmk2 CanonEF24-70mmF4L iso100 24mm f10 25" B NISI-ND1000 photo: toshimasa

夏の終わりに頃からここに通っていますが、川に差し込む光は弱めですね。道路と反対側の岸は山になっていて、針葉樹林の山になっています。ひらけて場所では、強烈な光が差すこともあります。私は川の景色を撮っていて、強い光より弱い光の方が好きです。明暗差がありすぎると撮りにくいです。皆さんは、風景を撮る時にどんな光が好きですか?

今回の散歩はここで終わります。
また次回の散歩に続きます。