213歩 振り返る2019 2~1位 編

浅草寺 CanonEOS 5Dmk2 CanonEF24-70mmF4L iso100 61mm f4 1/50 photo : toshimasa
浅草寺 CanonEOS 5Dmk2 CanonEF24-70mmF4L iso100 61mm f4 1/50 photo : toshimasa

皆さんこんにちは。2019年も本日が最終日となりました。ということは、今回の散歩は振り返る2019年の2位と1位の発表です。

第2位 雨上がりの浅草寺宝蔵門です。境内の脇にできた水溜りに浮かび上がる二つの世界が何とも幻想的です。良い写真とは何か というのを常に考えてはいるのですが、果たしていい写真ってどんな写真でしょうか?本などで調べてみても、まずはメインになる被写体にきちんとピントを合わせる事。構図を考えてカメラを構える、もしくは三脚にセットする。そして最適な露出設定で撮影するそんな基本的な事が書かれているだけです。その先の感覚的な部分というのは具体的に書くことはとても難しく、個人差もあるので、まとめられてないのかもしれません。結局いい写真とはどんな写真なのでしょう?ここからはかなり個人的な意見になると思いますが、計算されて作為的に作られた世界観は、どちらかというと好きではないです。だから、風景写真が好きなんだと思います。偶然出会った景色と、似ているけど作られた世界ではどこかバランスがおかしく見えてしまったりします。また、写真はその場所に足を運ばないと得られないものがたくさんあります。その瞬間に立ち会えた感動を伝えることが出来たら、それがいい写真なんだと私は思っています。

SONY DSC-RX100 mk1 iso100 10.4mm f2 1/250 photo : toshimasa
SONY DSC-RX100 mk1 iso100 10.4mm f2 1/250 photo : toshimasa

第1位 さぁ、最後の紹介する写真は、2019年に最も皆さんの反響が大きかった写真になります。ランキングで4位の写真と同じ場所で撮影したもので、撮影した日は1日後になります。つまり4位の写真の次の日のマジックアワーの写真がこちらの写真になります。本当に美しい青ですね。よく空の色が美しいと言われるのが、カナダのトロントで。美しい空の青をトロントブルーと表現するぐらい美しいみたいです。この空の深い青も美しさでは負けていません。水面への写り込みですが、川や海の場合どんなに穏やかな日でも、水が動いているのでこんなにはっきりとは写りません。でも、水溜りや水田の水はほとんど動いてないので、写り込みが美しく鮮明ですね。上の2位の写真も水溜りへの写り込みなので吸い込まれる様な感じですよね。また、夕日の表情も1日前とは全く違いますね。焼け方も違います。毎日変わる景色、皆さんも空を見上げてみましょう。

2019年6月にこのブログを立ち上げて約半年、毎日更新してきて200歩を超えてきました。どこまで続けることが出来るかわかりませんが、皆さんに写真を撮る事の楽しさを伝えることができればと思っています。たくさんの方々に見ていただき感謝です。2020年が皆様にとって幸せな一年になります様に願っております。皆さんにいい光がさしますように。

今回の散歩はここで終わります。
また次回の散歩でお会いしましょう。