175歩 シャッタースピードで露出調整 編

丈山苑 CanonEOS8000D CanonEF70-300mmF4-5.6L iso100 70mm f4 1/4000 Tv photo : toshimasa
丈山苑 CanonEOS8000D CanonEF70-300mmF4-5.6L iso100 70mm f4 1/4000 Tv photo : toshimasa

なんだか少し懐かしい、緑のモミジ 輝く光を受けていろんな表情を見せる。

皆さんこんにちは。最近カメラを持って 出かけていますか?カメラを通して日常を見ていると そのうち身の回りの小さな変化にも気がつくようになってきます。意外と身近な所に素敵な物が隠れているかも。本日も散歩写真はじめていきます。すっかり秋本番 木々は色付き世界を秋色に染めていきます。そんな中 まだ緑で頑張っているモミジが なんだか懐かしくも感じますね。そんな緑のモミジをいろんな露出で撮ってみました。

露出の決め方

皆さんはカメラで撮影する場合の露出は、どの様に調整していますか?どのモードを使って撮るかによって変わってきます。私の場合、シャッタースピードで露出を調整していますか。もちろん他の 感度や 絞り も調整しますが 最終決定がシャッタースピードなんです。詳しく説明していきますね。

丈山苑 CanonEOS8000D CanonEF70-300mmF4-5.6L iso100 70mm f4 1/320 Tv photo : toshimasa
丈山苑 CanonEOS8000D CanonEF70-300mmF4-5.6L iso100 70mm f4 1/320 Tv photo : toshimasa

◇シャッタースピードで露出を決める

シャッタースピードで最終の露出決定をする方法を詳しく説明していきたいと思います。


まず最初に決めるのは「iso感度」です。まぁこれはほぼ固定で、屋外、屋内などの状況の変化がそれほどない場合は、iso100で撮っています。変化がありそうな場合は、iso200〜400程度に上げておきます。これは事前に設定します。撮影している時にはほとんどいじりません。

その日の撮影のiso感度を決めて 撮影に出発します。

撮影時の調整です。

カメラで撮りたい対象物を見つけたら、シャッタースピードを調整します。撮影モードは「シャッタースピード優先」の Tv (canonの場合はTv その他はS です)です。対象物の動きが早い場合は、シャッタースピードを速く、少し薄暗い場合は遅くして調整します。

丈山苑 CanonEOS8000D CanonEF70-300mmF4-5.6L iso100 70mm f4 0.8 Tv photo : toshimasa
丈山苑 CanonEOS8000D CanonEF70-300mmF4-5.6L iso100 70mm f4 0.8 Tv photo : toshimasa

シャッタースピード優先モードでは、シャッタースピードを変えることで絞りの調整をカメラ側でやってくれます。では、絞りも調整したい場合はどうするのか?
その場合 使うカメラのモードは、M:マニュアルモードです。この場合も最初に決めておいたiso感度はそのまま触りません。次に絞りを決めます。この時の絞りの決め方は、どの様な撮り方がしたいかです。背面をぼかして行くならほぼ解放で。風景で全体的にピントがあってほしい場合はF8〜F11にします。そして最終の露出調整をシャッタースピードで行います。明るめの写真にしたいのか、少しアンダーな写真にしたいのか。

今回の3枚の写真は、iso感度、絞りの設定は同じで シャッタースピードを変えて撮っています。雰囲気が色々変わると思います。皆さんも試してみてください。

今回の散歩はここで終わります。
また次回の散歩でお会いしましょう。