194歩 思い出話が好きな人達へ 編

蒲郡 CanonEOS 5Dmk2 SAMYANG14mmF2.8 iso2500 14mm f8 2" M photo : toshimasa
蒲郡 CanonEOS 5Dmk2 SAMYANG14mmF2.8 iso2500 14mm f8 2" M photo : toshimasa

浜辺を散歩していると、自然が作り出した造形物に出会う。それらの形が美しい。無理をしない自然の流れだ。
皆さんこんにちは。散歩写真、本日もカメラを持ってぶらりと行きましょう。自然体でいる、何処にも無理な力や、作為的な意識が働いていない様子は見ていて心地よいし癒される。人工的な造形物の場合、そこに作者の意思が強く宿る。見ている側に何かを訴えかけてくる。それが、見ている側とシンクロすると共感を得ることができるのだろう。写真も同じである。自然界が作り出した景色を作為的に切り取っていく。構図だったり露出などの意思が入り込む。受け入れられるのか。
蒲郡 CanonEOS 5Dmk2 SAMYANG14mmF2.8 iso2500 14mm f8 2" M photo : toshimasa
蒲郡 CanonEOS 5Dmk2 SAMYANG14mmF2.8 iso2500 14mm f8 2" M photo : toshimasa

無理をしていない自然の造形物は、心地いい。写真を撮ったという事は、その時その場所にいたあなたが、目の前の景色に何かを感じ取ったから、シャッターが切られたのです。そのタイミングは人それぞれ違っていると思います。写真とは、過去に起きた事実なのだと。現在はそこからの経過した時間の分変化しているので、もう二度と会うことの出来ない世界なのだと考えている。現実には存在しない過去の景色。写真が好きな人は、思い出話が好きなのかもしれない。人の思い出や、自分の思い出。
いつも私の思い出を見に来てくれる方々に、ありがとう。

今回の散歩はここで終わります。
また次回の散歩でお会いしましょう。